最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1550号
3月3日号
2月18日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第30弾】1月31日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

新型肺炎パンデミック!死亡患者17人「最期の1週間」全症状社会・政治 投稿日:2020.01.29 06:00

新型肺炎パンデミック!死亡患者17人「最期の1週間」全症状

武漢市を視察する李克強首相(写真・Featurechina/アフロ)

 

 新型コロナウイルスの拡散が止まらない。発生地の武漢から、中国のほぼ全土に広がっただけにとどまらず、国境を越えて日本を直撃している状況だ。

 

 中国国内の新型ウイルスによる肺炎患者は4515人、死者は106人。日本でも、すでに7人の感染が確認されている(1月28日時点)。これらの数字がさらに増えるのは確実とみられる。春節(中国の旧正月)の連休が、事態を深刻化させているためだ。

 

 

 新型ウイルスはどれほど危険なのか。中国の衛生当局が、新型ウイルスの肺炎で死亡した17例の詳細を発表している。17人中15人が60代以上で、40代と50代が各1人。糖尿病や脳梗塞など基礎疾患を抱えており、もともと健康状態が悪い人が、ほとんどだった。

 

 ある程度健康な人間であれば、死に至る可能性は低いとみていいかもしれない。とはいえ、今後どのような症例が出てくるかわからず、油断は禁物だ。

 

 新型ウイルスに感染すると、どのような症状が表われるのか。中国・上海在住で、現地から情報発信を続ける医師・藤田康介氏は、こう語る。

 

「中国の衛生当局のガイドラインによれば、おもな症状は『発熱』『疲労感』『空咳』で、鼻詰まりや鼻水など、上気道感染症状は少ないとされています」

 

 予防策は何が有効か。

 

「まずは『手洗い』。水で流すだけでなく、石鹸を使い指の間、手首までしっかり洗うこと。『マスク』は開きやすい鼻、あごの部分をしっかりと密着させること。使い捨てのものを使い、マスクの外側には触れないように。そして、『人込みに注意する』ことでしょう。

 

 用心して外出することに越したことはありませんが、あまりにウイルスを恐れすぎるのは本末転倒。基本的な対策は、風邪やインフルエンザの予防と同じです。

 

 SARS(重症急性呼吸器症候群)でもそうでしたが、中国関連でこういうことが起きると、デマが流れやすい。ニセ情報に振り回されることなく、正しい情報を得ることが大事です」(藤田医師)

 

 自分の身は自分で守るために、予防を徹底しよう。次のページでは、中国の衛生当局が発表した、新型ウイルスの肺炎で死亡した17例の詳細を公開する。

12

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入