最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1555号
4月14日号
3月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

広島中央署の8500万円盗難事件「共犯者は警察内部に…」社会・政治 投稿日:2020.03.18 06:00

広島中央署の8500万円盗難事件「共犯者は警察内部に…」

広島中央署

 

「この事件には、共犯がいるはずなんです。広島県警は、真相を、もみ消している」

 

 そう憤るのは、地元紙記者だ。

 

 問題になっているのは、2017年5月に発覚した、広島中央警察署での窃盗事件。同年2月に、詐欺事件の捜査先から広島県警が押収した現金約9000万円のうち、保管していた広島中央署の会計課の金庫から約8572万円が消え失せていた事件だ。

 

 

 内部の犯行が疑われ、調査が進められたが、事件から3年近くたっても捜査に進展がなく、2020年2月に突然、「“容疑者” が死亡していた」と県警が発表し、世間を驚かせた。

 

 犯人と名指しされたのは、事件当時に同署員だった、脇本譲警部補(当時36)。脇本警部補は、盗難発覚前後に、競馬や借金返済などに8000万円以上のお金を使っていたとされ、2017年9月に自宅で死亡していたという。

 

 脇本警部補の死因は、検死がおこなわれなかったため、不明のままだった。しかし直接的な物証がないまま、「状況証拠は揃っている」として、県警は2020年の2月14日に、窃盗などの疑いで、脇本警部補を被疑者死亡のままで書類送検。3月11日に不起訴処分となった。警察発表では、単独犯だったとされている。

 

 だが、この県警の発表に今、警察内部からも疑問の声が上がっている。

 

「実際、広島県警は、水面下で2人の共犯者を捜査していたんですよ。脇本の人間関係を洗っていくと、県警OBのX氏と、現役女性職員のY氏が浮かび上がった。見立てはこうです。

 

 まずOBのX氏とY氏は、長年の不倫関係にあった。そして脇本も、Y氏と関係を持ってしまった。それを知ったX氏が激怒して、2人に金銭を要求した。それで、困った脇本とY氏が共謀して、署内から現金を持ち出した。当然X氏は、法外な金の出どころを知っていた――。

 

 県警は、そんなストーリーを組み立てたのです。事実Y氏には、何度か事情聴取もしていました」(捜査関係者)

 

 地元メディアの間でも、“3人共謀説” は広まっていた。

 

「脇本氏の共犯が捜査されているという話は、2017年ごろから地元メディアのあいだで知られていました。当時、捜査対象者の相関図が記された捜査資料まで出回っていて、そこには脇本氏に加え、X氏とY氏の名前も入っていました。Y氏については、詳細な行動確認記録まで書かれていたのです。

 

 つまり、内偵捜査がかなり進んでおり、逮捕直前だったということ。複数のメディアが、X氏とY氏の逮捕に備えて、彼らの自宅を張り込んでいました」(地元紙記者)

 

 だが、県警発表のとおり、事件は “脇本警部補の単独犯行” として、幕が下ろされた。

 

「あれだけ捜査していた共犯の話はいったいどうなったのか、X氏とY氏が突然 “シロ” になる新証拠が出てきたのか。何も説明がないまま、捜査は中止されたのです。県警内部でも、首をかしげる者は多いですよ」(前出・捜査関係者)

 

 脇本警部補は、手記のなかで、最後まで無実を訴えていた。

 

「彼の両親も、『息子の無実を信じている』と訴えている。簡単に、捜査を終えていいわけがない」(前出・地元紙記者)

12

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入