最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1575号
9/29・10/6合併号
9月15日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

8月31日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

相場は半額、太客も消滅…緊急座談会「パパ活戦線」異状あり社会・政治 投稿日:2020.04.11 06:00

相場は半額、太客も消滅…緊急座談会「パパ活戦線」異状あり

IT会社営業職の齋藤さん(仮名)

 

 4月7日、安倍首相が緊急事態宣言を出した。これにより、キャバクラや風俗店がさらなる大打撃を受けるのは間違いない。だが、「表立っては文句を言えないけれど、私たち “素人” も困っています」と語るのは、パパ活で生活費を稼ぐ女性たちだ。

 

 そこで急遽、“パパ活女子” 7人に窮状を語ってもらった。

 

 

【「パパ活女子」のみなさん】
●齋藤彩さん(22・IT会社営業職)
●高瀬有沙さん(25・無職)
●白川ひよりさん(28・無職)
●塚越麻央さん(21・女子大生)
●水島綺音さん(24・受付嬢)
●高津亜弓さん(25・ラウンジ勤務)
●住田彩華さん(24・無職)
※登場する女性の氏名はすべて仮名

 

 

齋藤さん「私は、プロ野球の超人気球団の捕手とパパ活交際しています。例年、2月のキャンプ終わりから遊びはじめ、オープン戦の最中は頻繁にデートしていました。もちろん、その都度、数万円から10万円ほどのお小遣いをもらっていました。

 

 でも今年はコロナの影響で、選手は外出・外食が厳しく制限されています(いまは禁止に)。おかげで、もう3週間も会えなくて大損害です」

 

高瀬さん「わかります。私のパパも企業の社長という責任のある立場なので、リスク管理がどうとか言って、会ってくれないんですよ。おじさんだから、免疫力が低くて風邪をひきやすいですしね(笑)。お金がなさすぎて、本当の親に頼るしかないと覚悟しています」

 

白川さん「サラリーマンじゃない人は、意外とあてにならないんだよね。特に自営業のパパ」

 

高瀬さん「そうなんですか?」

 

白川さん「私はキャバクラをやめてから、お店の馴染み客だった人たちにパパになってもらって、生計を立てていたの。『パパ活ならお店にお金を抜かれないから、そのぶんいいかな』と思って。

 

 パパたちは羽振りのいい経営者が多かったのに、コロナのせいで景気が落ち込むと、急にお金にシビアになって、最近は連絡もつかなくなりました」

 

塚越さん「たしかにコロナ問題は、パパ活の形を大きく変えてしまいました。

 

 パパとの出会い方には、マッチングアプリと、出会い系飲食店と、デートクラブの3系統がありますよね。性行為がほぼ必須のデートクラブは知りませんが、それ以外の出会いでは、女子優位で話を進められていました」

 

齋藤さん「どこまでするかっていうのを、女のコの希望で決められてたってこと?」

 

塚越さん「そうです。それが今は、圧倒的に男性が優位。私が出入りしているのは、“ミラー店” と呼ばれるタイプの出会いカフェ。マジックミラー越しに男性客だけが女性客を見ることができて、気に入った女のコがいれば指名して、トークルームで交渉するというシステムです。

 

 8割の男性は、すぐに割り切り(性行為)を求めてきます。今まで私は、割り切りで3万円を提示していたんですが、最近は需給のバランスが崩れてきて、2万円か、清潔な感じの人なら1万5000円でもOKするしかなくなっているんですよ」

 

12

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入