最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1652号
7月12日号
6月28日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月28日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

女子柔道初の金メダリスト恵本裕子が語る「金メダル確信の瞬間」

スポーツ 投稿日:2016.08.13 13:00FLASH編集部

女子柔道初の金メダリスト恵本裕子が語る「金メダル確信の瞬間」

 

 1992年バルセロナ五輪で女子柔道は正式種目となり、アトランタ五輪当時は、漫画『YAWARA!』が大人気。48kg級の田村亮子(現姓・谷)が注目を集めるなか、柔道界で初の女子金メダリストとなったのが恵本裕子だった。

 

 この快挙はどのように生まれたのか。

 

 1995年に幕張でおこなわれた世界選手権女子61kg級1回戦。恵本裕子にとって初めての世界挑戦はわずか11秒で終わった。翌年、彼女は雪辱を期してアトランタ五輪に臨む。

 

「当時の61kg級は、5人ぐらい優勝候補がいて、誰が世界王者になってもおかしくない階級だった。組み合わせを見たとき、これは私が優勝できる組み合わせだと思いました。実績は相手が上でも、柔道の相性がいい選手が同じ山に集まっていましたから」

 

 こう恵本裕子(43)本人が語る。

 

 2回戦でバルセロナ五輪金メダリストを判定で退けて波に乗ると、3回戦では同銀メダリストを得意の内股で撃破。準決勝では、同時進行でおこなわれていた隣の試合場で、最大のライバルと睨んでいた韓国人選手が敗れたのを恵本は確認した。

 

 準決勝を戦いながら、決勝で対戦する相手を気にする余裕があったとは驚きだ。

 

「それだけ金メダルが、金メダルだけが欲しかったんです。神経を張りつめていたからこそ、隣の畳を気にする余裕が生まれたのではないでしょうか」

 

 決勝は、ベルギーのジェラ・バンデカバイエが相手だった。

 

「合宿などで何度も顔を合わせ、手の内を知り尽くしていました。柔道には相性があって、彼女とは分がよかったんです。決勝前には金メダルが見えてきましたね」

 

 開始56秒、内股「一本」で投げ飛ばし、柔道母国に初の女子金メダリストが誕生した。

 

(週刊FLASH2016年8月2日号)

続きを見る

【関連記事】

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入