最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月30日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

待ってろ東京五輪/7人制ラグビー「中村知春」リオの雪辱を!

スポーツ 投稿日:2020.08.16 20:00FLASH編集部

待ってろ東京五輪/7人制ラグビー「中村知春」リオの雪辱を!

 

 東京五輪開催を信じて……日の丸戦士たちの、ブレないメダルへの思いとは--。アスリートたちが、「1年後への金言」を寄せてくれた。今回は、7人制ラグビー中村知春(32)だ。

 

 ラグビーが好きだから、五輪の舞台で結果を残したかった。年間200日を超える合宿を乗り越えてきた仲間もいたし、男子にも負けないハードワークをこなしてきたという自信もあった--。

 

 

 しかしリオの舞台は、そんな中村の思いを、木っ端微塵に打ち砕いた(1勝4敗の10位)。

 

「リオが終わった直後は、心身ともにボロボロで。NHKの五輪オフィシャルソングだった安室奈美恵さんの『Hero』も聴きたくないくらい、リオの記憶から逃げまわっていました。自分のすべてが完全否定された気になっちゃったんですよね」

 

 それは光のない、闇の世界。もがき苦しみ、その闇の中で、あてどもなく彷徨い続けた。

 

「『ここでラグビーから離れたら、二度と戻れないだろうな』と思って、なんとなくラグビーだけは続けていたんですけどね」

 

 そんな思い悩む中村を救ってくれたのは、やっぱりラグビーだった。

 

「1+1を3にも4にもするのは、スピードとテクニック、そしに絶対に諦めない心。感情も思いも仲間との関係も、すべてが丸出しになるのがラグビー。そこがラグビーの魅力だし、ラグビーのおもしろいところ。

 

 だからこそ、ひとつの舞台、ひとつの結果にとらわれすぎず、いかなる状況に置かれても、ラグビーの価値やスポーツの本質を伝えられるアスリートになりたいと思っています」

 

 東京五輪で雪辱を果たすために、胸に秘めた思いを明かす。

 

「スポーツだからこそ伝えられる “リアル” を大切に、スポーツを超えた “価値” を見つけてもらえるような選手にならないといけない。チーム全員の、今後の人生の支えになるような瞬間を、1年で作り上げていきます。メダルは目標であって、目的ではない」

 

 中村が見据えているのは、五輪後の女子ラグビー

 

なかむらちはる
1988年4月25日生まれ 神奈川県出身 162cm64kg 法政大在学中にラグビーを始め、卒業後は電通東日本に入社。ナナイロプリズム福岡のGM兼選手。リオ五輪で主将を務めた女子7人制ラグビー代表候補

 

写真・槇野翔太
取材&文・工藤晋

 

(増刊FLASH DIAMOND 2020年8月20日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入