最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1583号
12月8日号
11月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月17日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

セ・リーグ本塁打王へ…「阪神・大山悠輔」を奮起させた父の一言

スポーツ 投稿日:2020.10.22 06:00FLASH編集部

セ・リーグ本塁打王へ…「阪神・大山悠輔」を奮起させた父の一言

父・正美さん(左)は仕事もあり、なかなか甲子園まで応援に行けない

 

「指名には、本人も驚きの様子でした。大学に集まった記者たちも、1位指名とは思っておらず、翌朝『仰天!』と見出しを打った新聞もありました」

 

 2016年10月のドラフト会議で、現・阪神タイガース大山悠輔(25)が1位指名された当時の様子を、あるスポーツ紙記者はそう振り返る。「関甲新学生野球リーグ」の白鴎大学に在学していた彼の前評判は、高くはなかった。

 

 

「ドラフト当時の金本知憲監督(52)からの期待はかなり大きく、その後に就任した矢野燿大監督(51)も、2019年の開幕から四番に大山を据えました。ですが、守備のミスと打撃不振が重なり、8月には外されてしまった」(前出の記者)

 

 好不調の波が大きい大山に、阪神ファンからも批判の声があった。

 

「息子への批判は、涙が出るほど悔しいですが、プロになる以上は覚悟していました」

 

 そう明かしてくれたのは、茨城県下妻市に住む大山の父・正美さん(53)だ。自身も野球経験者だったが、息子とはキャッチボール程度。幼いころから、指導はチームの監督に一任してきた正美さんが、悩める息子に伝えたことがある。

 

「結果がいちばんなので、成績で見返してほしい。そして、『悠輔が打たなかったら、せっかく指名してくださった金本さんの責任にもなるんじゃないか』と言いました」

 

 父の言葉で奮起した今季の大山は、7月途中から阪神の四番を再奪取。10月19日現在、26本塁打でセ・リーグ本塁打王だ。広い甲子園球場を持つ阪神で、掛布雅之氏以来の、日本人本塁打王も見えてきた。

 

「24号を打ったときには、本人に連絡しました。(ライバルの)巨人の岡本和真選手の前で打ちましたしね。

 

 悠輔は小学校のころから『プロ野球選手になるんだ』と言い続け、高校でもプロ志向は強かったんです。でも、最後の夏の県大会の結果が思わしくなくて(1回戦敗退)、プロ志望届を出しませんでした。その後、大学で1位指名。さらには阪神の四番を打たせてもらい、とても光栄です」(正美さん)

 

「そば処きぬ」の店内には、多くの大山グッズが飾られている。熱狂的な阪神ファンも訪れる

 

 正美さんは、5年前から下妻市内の「そば処きぬ」で働き、2021年から自身の店を開業する。

 

「より一層、私も頑張らないとですね。悠輔は、年末年始には下妻に帰省するんですけど、じつは私のそばを食べてくれなくて(苦笑)」


 キングで凱旋だ!

 

(週刊FLASH 2020年11月3日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入