最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1620号
10月26日号
10月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月28日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

森保ジャパンにもはや “隠し球” はナシ…田嶋サッカー協会会長の「監督は日本人で」固執が窮地に追い込んだ

スポーツ 投稿日:2021.10.13 06:00FLASH編集部

森保ジャパンにもはや “隠し球” はナシ…田嶋サッカー協会会長の「監督は日本人で」固執が窮地に追い込んだ

10月7日(現地時間)、サウジアラビアに0-1で敗れた日本代表。得点の機会をものにできない展開に、采配を疑問視する声が集まった(写真・ロイター/アフロ)

 

 10月7日(現地時間)、W杯アジア最終予選のサウジアラビア戦に0-1で敗れた日本代表。“絶対負けられない” と言われた12日のオーストラリア戦には2-1で勝利したものの、森保一監督(53)の冴えない采配に批判が集まっている。

 

 

 元「サッカーダイジェスト」編集長の六川亨氏が語る。

 

「森保監督は5人を交代させたが、すべて同じポジションでの交代。ビハインドならDFを1枚削って攻撃の選手を入れるなど、メリハリや工夫が一切ない。それをサウジもわかっていて、交代がまったく脅威になっていません」

 

 関係者の間では早くも監督の後任探しが始まっているという情報もあるが、ここでも後手に回っているという。

 

「こうなったら、たとえばジダンなど、華のある外国人監督に交代して、雰囲気を打破したいところ。ですが、田嶋幸三日本サッカー協会会長には『代表監督は日本人で』とのこだわりがあり、外国人監督の招聘は考えていません。

 

 有力なのは、吉田麻也や長友佑都を北京五輪代表監督として発掘した反町康治技術委員長です」(サッカーライター)

 

“隠し球” なしでの本番出場は厳しそうだが、はたして――。

 

(週刊FLASH 2021年10月26日号)

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入