最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1676号
2月14日号
1月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

「彼をプロにできなかったら指導者失格」森保JAPANの救世主・伊東純也、実父と恩師が語る活躍の原点

スポーツ 投稿日:2022.02.10 06:00FLASH編集部

「彼をプロにできなかったら指導者失格」森保JAPANの救世主・伊東純也、実父と恩師が語る活躍の原点

サウジの息の根を止めた2点めは、ゴール左上に突き刺さる強烈弾(写真・JMPA)

 

 カタールW杯に向けて、“絶対に負けられない戦い” で2連勝した侍ブルー。その2試合でMVP級の活躍を見せたのが伊東純也(28)だった。中国戦では1点めとなるPKを誘発し、後半にはドンピシャのヘッドで追加点。サウジアラビア戦も1ゴール1アシストと、獅子奮迅の活躍だった。

 

 

 だが、代表に定着したのはロシアW杯後。ここに至るまでは、けっして順風満帆なサッカー人生ではなかった。サッカーを始めたのは小学1年のとき。地元・神奈川県の鴨居SCだった。父・利也さんが述懐する。

 

「近所のお兄さんに誘われて入部しましたが、すぐに夢中でボールを蹴っていました」

 

 風邪を引くと学校は休むが、サッカーの練習だけは参加するような子供だったという。

 

「とにかくドリブルが大好きでした。試合でもドリブルでクルクル走り回って、相手ゴールの場所がわからなくなって、自陣にドリブルで突き進んだこともありました(笑)。点を取ることより、ドリブルで相手を抜くことのほうが好きでしたね。性格は負けず嫌い。一対一の練習でも、勝つまでやっていましたから」

 

 だが、中学1年で横浜F・マリノスJrユースの入団テストを受けるも不合格。中学ではクラブチームに入り、進学した高校も強豪ではなかった。無名に近い存在だった伊東は、推薦で関東リーグ1部(当時)の神奈川大に進んだ。関森悟コーチが振り返る。

 

「2010年夏にセレクションを受けに来たんですが、性格がマイペースというか……。ただ、プレーには素晴らしいものがあったので、大森酉三郎監督とも話して即断でしたね」

 

 大森監督もこう話す。

 

「強豪校出身の子はどこかピリッとしているじゃないですか。でも、彼は神奈川県でベスト32止まり。強豪大学からも誘われていたようですが、ある程度のんびり自分らしくプレーできると思ってウチを選んだんだと思います。ウチも、何かひとつ武器になるものを持った子を探していたんです。

 

 そんなときに伊東を見たら、図抜けた速さとサウジ戦で見せたようなキック力を持っていた。スピードを制御できずにミスをすることもあったんですが、はまったときはモノが違った。

 

 当時、僕は伊東が入部すると同時にいったん指導から離れたんですが、関森コーチに『彼をプロにできなかったら指導者を辞めたほうがいい』と言ったほどです」

 

 才能は徐々に開花し、2015年にJ1の甲府に入団する。柏を経て、2019年からベルギーのゲンクで主力として活躍している。この2戦を終え、「欧州の5大リーグが注目しはじめた」と公認代理人が語るように、ビッグクラブが彼に触手を伸ばしはじめている。

 

「もう息子というよりは、ファンと同じような感覚で見ています。いろいろ活躍が報道されていますが、妻とも『あの子はどうしちゃったのかねえ』と、驚いているぐらいですから(笑)」(利也さん)

 

 代名詞となった、フィールドをイナズマのように切り裂くドリブルを武器に、森保JAPANにとって “代えがきかない選手” となったことは間違いない。

 

( 週刊FLASH 2022年2月22日号 )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入