最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1651号
7月5日号
6月21日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月24日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

巨人・中田翔に「当面2軍」宣告…失意のベンチで“ぼっち姿”撮「意外と人見知りだから」と心配する声も

スポーツ 投稿日:2022.05.06 06:00FLASH編集部

巨人・中田翔に「当面2軍」宣告…失意のベンチで“ぼっち姿”撮「意外と人見知りだから」と心配する声も

ベンチで2軍戦の状況を見守る中田翔。両隣は2席ずつ空いている

 

「今は自信しかない――」

 

 キャンプイン前の2022年1月、本誌の直撃取材にこう宣言した読売ジャイアンツの中田翔(33)が再び苦しんでいる。

 

 開幕はスタメンで迎えるなど、存在感を示していた中田だったが、成績は徐々に下降線を辿っていった。出場23試合で打率.188、2本塁打の成績で迎えた4月22日には、ついに1軍出場選手登録を抹消され、原辰徳監督(63)にファーム行きを命じられた。

 

 

 しかし、日ハムに在籍していた昨季途中の暴行事件を経て、選手生命を懸けて臨んだ今シーズン。中田はめげずに、ファームの若手選手とともに汗を流していた。

 

 ファームでは、4月28日のロッテ戦で3ラン本塁打、4月29日の日ハム戦では2打席連続本塁打(降雨による試合不成立のため記録上は残らない)、4月30日の日ハム戦でも先制2ラン本塁打を放った。5月3日にもオリックス戦で防球ネット直撃の本塁打を放ち、格の違いを見せつけている。

 

 だが、原監督は「(本塁打は)いいこと。これで何かきっかけを掴んでくれるとね」としつつも、中田に当面の2軍調整を宣告したのだ。

 

 本誌が5月4日、巨人2軍本拠地のジャイアンツ球場に向かうと、若手選手に混じって守備練習、トンボかけをおこなっている中田の姿が。

 

 試合が開始すると、中田はベンチ後列に陣取った。しかし、若手選手同士では近くに座ったり、言葉を交わしたりといった姿が見られる中、中田の隣だけがつねに2席空いている“ぼっち状態”に……。

 

「彼は意外と人見知りだからね」とは、中田を日ハム時代から見てきたスポーツ紙デスク。彼が続ける。

 

「“事件”後に移籍した巨人では、年齢の近い坂本勇人らが積極的に声をかけてくれて、チーム内で浮くこともそこまでなかったのですが、2軍になるとそうはいかない。

 

 若手選手が気軽に声をかけられる存在ではありませんし、中田から積極的に声をかける選手もいない。そうなると、2軍での“孤立”は心配ですね。

 

 日ハム時代に“お山の大将”と呼ばれ、チームの中心選手のように思われていましたが、じつは細かいことを気にする小心者な一面があって、寂しがり屋なんですよ。だからこそ、いつも若手や同僚にちょっかいを出していたんです」

 

 そのちょっかいの行き過ぎが「あの悲劇」を生んでしまったことを思うと、中田にとって居心地のよくない2軍生活は早く終わってほしいものだ。

 

 巨人担当記者は「原監督が求めているものと中田の成績に乖離があります」と話す。

 

「原監督が求めるのは、本塁打数ではなく、コンスタントに打ってくれることなんです。要するに打率。中軸として、単打でもいいからチャンスに打ってほしいのが本心ですよ。

 

 5月5日までに中田はファームで3本塁打を記録していますが、打率は.227。これでは調子がよくなかった昨季、そして今季の序盤戦となんら変わりがない。だからこそ、原監督は『1軍に上げるのは早い』と決断した。5月後半からの交流戦のころにでも1軍復帰してくれれば、と気長に待つようです。

 

 原監督は『パ・リーグの投手を知っている』という部分では、中田には大きな期待を寄せているんです」

 

 冒頭の直撃取材で「自分の野球人生はこれで終わるんだろうなって思ってました」と明かしていた中田。本当の再起のためには、もう一度、1軍に這い上がるしかない。

 

( SmartFLASH )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入