最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1670号
12月20日号
12月6日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月6日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

村上宗隆が直面した「56本の壁」ローズ&カブレラも残り打席には快音なし、名打者ゆえの重圧が

スポーツ 投稿日:2022.09.28 16:29FLASH編集部

村上宗隆が直面した「56本の壁」ローズ&カブレラも残り打席には快音なし、名打者ゆえの重圧が

残りは5試合(写真は2021年)

 

「そのうち打つんじゃないですか。あんまり変わった様子はないですけど」

 

 9月27日、ヤクルトの高津臣吾監督は、試合後の囲み取材でこう答えた。現在55本塁打で、王貞治氏と日本選手シーズン最多記録に並んでいるヤクルトの村上宗隆内野手だが、この10試合、44打席連続でノーアーチなのだ。

 

 

「この日は3打数無安打。打率は3割2分と、2位の中日・大島洋平外野手との差がわずか1厘になり、令和初の三冠王達成も、安泰ではなくなっています」(スポーツ紙記者)

 

 残りは5試合。56号が拝める可能性は決して低くはないのだが、村上ほどのスラッガーですら直面しているのが“56本の壁”だ。

 

「2001年には近鉄のタフィ・ローズ外野手が、2002年には西武のアレックス・カブレラ内野手が、55本塁打を記録しています。ともに135試合めでの記録で、当時は140試合制でしたから、5試合を残していました。

 

 両選手の量産ペースなら、56号を達成することは間違いない、と思われていました。しかし、ローズ選手もカブレラ選手も、ともに残りの23打席、本塁打を打てなかったのです」(前出・スポーツ紙記者)

 

 ローズもカブレラも、強引に引っ張ったり、悪球に手を出してしまったりと、残りの打席では精彩を欠いた。カブレラは、記録のかかった最終戦で、より多く打席が回ってくる1番打者で出場。また、2人とも重圧を避けるため、打撃練習をおこなわないこともあった。

 

 さまざまな手を打って臨んだものの、達成できなかった56号。ローズは最終戦に臨む前、「リラックス! リラックス!」と大声を出し、「頭ゴチャゴチャ」とぽつりとつぶやいたという。

 

 村上には“56本の壁”を乗り越えてほしい。

( SmartFLASH )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入