最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1669号
12月13日号
11月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月29日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

森保ジャパンのエース・鎌田大地、馬鹿にしていた丸刈りに! “主将心”を覚醒させた先輩の涙

スポーツ 投稿日:2022.11.20 06:00FLASH編集部

森保ジャパンのエース・鎌田大地、馬鹿にしていた丸刈りに! “主将心”を覚醒させた先輩の涙

鎌田大地 写真・共同通信

 

「とにかくストイック。努力を惜しまず、練習場と寮を往復する日々だった」

 

 カタールW杯では、日本の攻撃の中心として期待されるフランクフルト・鎌田大地(26)。彼のサガン鳥栖時代を知る記者がそう語る。

 

 鎌田は1996年、愛媛県に生まれた。父親の幹雄さん(53)に話を聞くと、鎌田の “ストイック生活” の原点が見えてきた。

 

 

「3歳で、大地は地元の『キッズフットボールクラブ(現・FCゼブラキッズ)』に入団しました。すぐにサッカーが生活の一部になり、毎日の練習が楽しみで仕方がないようでした」(幹雄さん・以下同)

 

 だが一方で、中高時代は挫折の連続だった。鎌田は中学進学時に、日本サッカー協会のエリート養成機関「JFAアカデミー福島」を志望する。

 

「結果は、最終選考で不合格でした。通知書を受け取ると、そのまま2階に上がって、ずっと号泣していました」

 

 結局、鎌田は親元を離れ、大阪府吹田市にあるガンバ大阪のジュニアユースに進んだ。

 

「岸和田にある妻の実家から、放課後に練習場まで片道1時間半を往復する生活でした。

 

 大地は手や腰椎など三度の骨折と、(体と感覚のバランスが取れない)クラムジーに悩まされ、『俺の体、いつになったら思いどおりに動いてくれるんや』と嘆いていました」

 

 一日も休まず練習に通った鎌田だが、高校生で構成されるユースへは上がれなかった。

 

「ジュニアユースではチームの勝ち負けよりも、個人の競争が優先される世界でした。

 

 下部組織から “上” に上がる選手がいても、競争に負けた選手が祝福することはありません。大地も当時は、ベクトルがチームではなく自分に向いていたと思います」

 

 進学した京都市の東山高校では、1年生からレギュラーを獲得した。さまざまなレベルの選手が懸命にプレーする高校サッカー部に所属したことで、鎌田にはある心境の変化が生まれていた。

 

「3年生に交じって出場したある試合で、大地がふてくされたような態度を取ったことがありました。その理由を聞くと、大地は『自分みたいな1年生にも、100人以上の部員が応援してくれる。それに応えるプレーができなかった自分に腹が立ったんや』と答えたのです」

 

 もうひとつ、幹雄さんが強く覚えているエピソードがある。

 

「サッカー部では、大事な試合の前に気合を入れて坊主にすることがあります。当初、大地は『丸刈りにしたら、サッカーが上手になるの?』と馬鹿にして長髪のままでした。

 

 しかし、先輩たちの最後の大会である『高校選手権』の予選で、大地がゴールを外し、負けてしまいました。試合後、先輩たちから怒られることを覚悟していたら、逆に涙ながらに『チームを頼んだぞ!』と励まされたようなんです。

 

 翌日の練習前、大地は自ら坊主頭にして出かけていきました(笑)。新チームのキャプテンにも立候補し、チーム全体のことを考えるようになりましたね」

 

 高校卒業後、鎌田はチームメイトたちの祝福を受けながら、2015年にサガン鳥栖に加入。当初年俸360万円だった鎌田は、今月にはドイツの老舗サッカー情報サイトで、日本人選手トップとなる44億円の評価額となった。

 

 23日にW杯初戦を迎える日本代表。幹雄さんが鎌田に期待することは何か。

 

「チームに求められている責務を果たして、そのなかで自分の特徴を出し、貢献することを祈っています」

 

 鎌田が挫折と成長のなかで学んできたこと、そのものだ。

 

写真提供・鎌田幹雄氏
写真・共同通信

( 週刊FLASH 2022年11月29日・12月6日合併号 )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入