最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1676号
2月14日号
1月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

内田篤人氏、日本降したコスタリカを“なめ続けた”発言に「リスペクト精神ないんだね」ネット上では非難轟々

スポーツ 投稿日:2022.11.28 16:36FLASH編集部

内田篤人氏、日本降したコスタリカを“なめ続けた”発言に「リスペクト精神ないんだね」ネット上では非難轟々

写真・森田直樹/アフロスポーツ

 

 11月27日におこなわれたサッカーW杯グループEの第2節で、日本はコスタリカに0対1でよもやの黒星となった。

 

 勝てば最終節を待たずにグループ2位以上が確定し、決勝トーナメント進出が決まる可能性もあった大一番だったが、初戦のドイツ戦から先発5選手が入れ替えに。この森保監督の采配に《(強豪の)スペイン戦に温存してどうする》と疑問が寄せた人も多かったが、その不安は的中してしまったようだ。

 

 

 一方、ネット上では、テレビ朝日系の生中継で解説していた元日本代表の内田篤人氏に対する厳しい声が聞かれたという。

 

「内田氏は解説の中で、コスタリカに対して辛らつなダメ出しを連発。コスタリカは大会直前の練習試合がキャンセルになった影響で調整不足もあると指摘しつつ、『普通にコスタリカとは戦える』『正直、コスタリカはよくない』などとコメントしました。

 

 さらに、コスタリカがW杯出場を決めたニュージーランドとのプレーオフを観戦した感想として、『コスタリカには勝てる』と完全に“なめて”かかっていたのです」(週刊誌記者)

 

 試合中には、実況アナウンサーを無言にさせてしまう場面も……。

 

「日本が攻勢を強めながらも0対0が続いていた場面で、内田氏は突然『仮に日本が1点入れられたとしても大丈夫』『0対1で負ける確率は48%』『大事なのは0対2にしないこと』と、かなりの尺を使って意味不明の説明を始めました。プレミアリーグのデータだったようですが、W杯の舞台でそんな話を持ち出されても……。嫌な予感がしていましたが、この余計なひとことが結果的に“フラグ”になってしまいました」(前出・週刊誌記者)

 

 これには、視聴者からも非難轟々となった。

 

《内田ってリスペクト精神ないんだね》

 

《コスタリカを舐めた発言多すぎ》

 

《内田篤人のイメージ悪くなったな。デカイこと言っておいて1失点しても大丈夫とかめちゃくちゃ》

 

と、ネット上は大荒れとなっている。

 

 内田氏の解説が信用をなくした一方で、元バドミントン日本代表の潮田玲子氏の発言にも注目が集まっている。

 

「潮田さんは試合当日の27日、情報番組『シューイチ』(日本テレビ系)に出演。自身が現役時代、優勝候補に勝ったときのことを振り返り、『いい試合をした次って……結構、負けるんです』と発言。当時は『水を差すな』という批判も集まりましたが、コスタリカ戦の結果はまさに潮田さんの発言そのものの結果となりました」(前出・週刊誌記者)

 

 選手だけでなく、解説にも“緩み”があったのではないか。

( SmartFLASH )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入