最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1676号
2月14日号
1月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

【W杯】VARを元イングランド代表が「廃止主張」に「イチャモンだ!」日本人大激怒 水泳もジャンプもF1も日本が勝つとルール変更に

スポーツ 投稿日:2022.12.05 21:15FLASH編集部

【W杯】VARを元イングランド代表が「廃止主張」に「イチャモンだ!」日本人大激怒 水泳もジャンプもF1も日本が勝つとルール変更に

(写真・JMPA)

 

 12月3日から決勝トーナメントに突入しているサッカーのワールド杯。今大会で何度もクローズ・アップされている「VAR」(ビデオ・アシスタント・レフェリー)だが、そのVARを巡る「ある発言」が大炎上している。

 

ワールドカップには世界最高の審判が揃っている。とくに大会後半のトーナメント戦では。だから、グループリーグが終わったところでVARをやめるべきだったと、説得力のある主張がある」

 

 

 こう発言したのは、元イングランド代表のスタン・コリモア氏。英国の大衆紙「ミラー」12月3日付で「VAR廃止論」を展開した。記事によれば、コリモアはもともとVARの“擁護派”だった。しかし、12月1日のアルゼンチン対ポーランド戦で、ポーランドGKがメッシに対する反則を取られたのは、「私がこれまで見た中で最悪のVAR判定」だと断言。「過去150年以上、世界中のあらゆるサッカーの試合で、あのプレーでペナルティを取られたことはない」と批判した。

 

 コリモア氏の批判は、日本対スペイン戦での“VAR弾”にもおよび、「あのボールがインと判定されたことは道徳的に間違いであり、常識に欠けている」と語っている。

 

 これに対し、SNSでは「ルール変更」がトレンド入り、批判が巻き起こっている。

 

《「道徳的に間違い」って何だよ笑。アジア勢が台頭してきてイチャモンつけてるだけだろ》

 

《気に食わないルールに従う必要はないという傲慢さは欧米の伝統かなんかなのか》

 

 さらには、

 

《欧州スポーツのダメなところが全て出ている発言ですな。スキージャンプや柔道でルール変えまくるのと同じ》

 

《日本に有利なジャッジには、すぐ物言いをつける欧米しぐさが始まった》

 

という意見も少なくない。

 

「1956年メルボルン五輪の、競泳男子200m平泳ぎで日本の古川勝が潜水泳法で金メダルを獲得すると、その直後に国際水泳連盟はルールを変更し、潜水を禁止しました。1988年ソウル五輪で、鈴木大地がバサロ泳法で金メダルを獲得した後にも、ルールが変更されました。

 

 こうしたスポーツ界でのルール変更はほかにも多数あり、スキージャンプで日本勢が活躍するたびに、板の長さの規定などが変更されるのは有名な話です。モータースポーツでも、F1では1988年限りでターボエンジンを禁止し“ホンダいじめ”といわれたレギュレーション改正があったり、マツダのロータリーエンジンが1992年の『ル・マン24時間耐久レース』から使用禁止となったりしています」(スポーツライター)

 

 そんななか、またも浮上したルール変更論争。今後も波紋を呼びそうだ。

( SmartFLASH )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入