最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1676号
2月14日号
1月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

あだ名は「プリウス」…前田大然、64分で68回のスプリントにレジェンドも「悪夢のような存在」と脱帽

スポーツ 投稿日:2022.12.06 20:45FLASH編集部

あだ名は「プリウス」…前田大然、64分で68回のスプリントにレジェンドも「悪夢のような存在」と脱帽

写真・JMPA

 

 12月6日におこなわれたサッカーW杯カタール大会の決勝トーナメント1回戦。日本はクロアチアと対戦し、1-1で延長戦となり、最後はPK戦で敗れたが――この試合で日本唯一の得点をあげたFW前田大然に注目が集まっている。

 

 ドイツ戦、スペイン戦、そしてクロアチア戦でスタメン出場した前田は、前線からひたすらボールを追い続ける献身的なプレーで、攻守で大きく貢献した。ドイツ戦、スペイン戦での劇的な逆転劇も、前田の “鬼プレス” 効果という声も多い。

 

 

 元イングランド代表DFでキャプテンをつとめたリオ・ファーディナンドは、英BBCの解説で「まるで憑りつかれたかのような絶対的な活力だ。彼を相手にプレーしたいとは思わない」と前田を絶賛。同じく元イングランド代表のFWアラン・シアラーも「ディフェンスにとって悪夢のような存在」と高く評価した。

 

 前田の献身は数字にも表れている。クロアチア戦での前田は、出場時間64分でスプリント(時速24キロ以上で数秒のダッシュ)68回という驚異的なものだった。

 

 この試合の最多スプリントはクロアチアのペリシッチで71回だが、こちらは出場106分でのもの。前田のすごさがわかる。前田はスペイン戦でも出場62分でスプリント60回。この懸命の働きなくして、日本の快進撃はなかっただろう。

 

 スポーツ・データを提供する英国メディア「Squawka」は公式Twitterでクロアチア戦前半の前田のプレーデータを投稿。「デュエル(1対1)勝率 100%」「タックル成功率 100%」などの数字を紹介し、「An incredible shift.(信じられない)」と称賛している。

 

 前田が山梨学院高校時代、部内の不祥事に巻き込まれ1年間の謹慎処分を受け、その間サッカーから離れた時期があるのは有名なエピソード。その高校時代の前田のニックネームは「プリウス」だったという。

 

 前線からの鋭いプレスと同時に、相手選手に気づかれないよう絶妙なステップで間合いを詰める様子が、ほとんど音もなく動く「プリウス」の特徴と似ていたからだとされる。

 

 SNSには、

 

《前田素晴らしい ここまでずっと、ひたすらスプリントをしてきたごほうび》

 

《前田大然が報われて泣いた》

 

 と、前田のゴールを祝福する声があふれている。

 

 FIFAワールドカップの公式Twitterに掲載された前田の写真にも多数のコメントがついているが、そのなかにはマンガ『ワンパンマン』の主人公サイタマ(スキンヘッドのヒーロー)の画像がいくつも投稿されている。

 

 ダイゼン・マエダは、世界的な愛されキャラになったようだ。

( SmartFLASH )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入