最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1676号
2月14日号
1月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

オリックス吉田正尚、レッドソックス移籍で「21億円」置き土産「神やん」「商売上手」と称賛やまず

スポーツ 投稿日:2022.12.09 18:01FLASH編集部

オリックス吉田正尚、レッドソックス移籍で「21億円」置き土産「神やん」「商売上手」と称賛やまず

写真・時事通信

 

 12月8日(日本時間)、プロ野球オリックス吉田正尚外野手が、ポスティングシステムで米大リーグのレッドソックスと契約することで合意したと、複数のメディアが伝えた。

 

 メジャー公式サイトでは、5年総額9000万ドル(約123億3000万円)の大型契約と報じられた。日本から移籍した野手では、鈴木誠也(カブス)の5年8500万ドルを抜いて最高額となる。

 

 

 吉田の年俸は年換算で1800万ドル(約24億6000万円)となり、今季年俸に当てはめると、チームの野手ではホズマー、ストーリー両内野手の27億3000万円に次ぐ高給取りとなる。

 

 45日間の交渉期間が始まって1日も経たずの電撃合意。しかも、オリックスに譲渡金21億円が入るとあって、SNSでは吉田を称賛する声があがった。

 

《オリックスに21億!?やばないかえぐい 神やん》

 

《21億オリックスに入ってくるのえぐいて 吉田正尚…神…》

 

《吉田正尚に11億払い21億に増えて戻ってきて連覇と日本一に導くとかオリックスはもう一生頭上がらないだろうな。もし帰ってきても吉田が納得するまで雇って欲しい》

 

 吉田は、2015年に青山学院大学から外野手としてドラフト1位(契約金1億円、年俸1500万円)でオリックスに入団。

 

「2022年まで7年間での年俸総額は10億3200万円。契約金を含めて、総額11億3200万円が吉田選手に払われた金額です。2021、22年のパリーグ連覇と2022年の日本一をオリックスにもたらしたうえ、譲渡金21億円を置き土産にしたとなれば、吉田選手の貢献が称賛されるのも当然といえます」(スポーツライター)

 

 一方、吉田の望みどおり、ポスティングシステムでのメジャー挑戦を認めたオリックスを称賛する声もあがっている。

 

《本人の夢をかなえてあげた上に儲けてるってオリックスさんさすが金融会社だけあって商売上手・・・》

 

《オリックス選手の総年俸が27億くらいだから、マジで最高の売り時だった》

 

《譲渡金21億って 吉田正尚に払った今までのお金よりもだいぶん多いわね 球団儲けすごい》

 

 11月にオリックスは、西武からFA宣言した森友哉捕手を4年総額18億円超という大型契約で獲得。さらに日本ハムからFA宣言した近藤健介も獲得交渉中だ。吉田がもたらした21億円もの置き土産があれば、オリックスの2年連続日本一も夢ではない。

( SmartFLASH )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入