スポーツスポーツ

“大物食い”誓った!熱海富士×翠富士 伊勢ヶ濱部屋の“先輩後輩コンビ”、故郷・静岡から94年ぶりの三役目指し

スポーツFLASH編集部
記事投稿日:2024.01.18 06:00 最終更新日:2024.01.18 06:00

“大物食い”誓った!熱海富士×翠富士 伊勢ヶ濱部屋の“先輩後輩コンビ”、故郷・静岡から94年ぶりの三役目指し

一月場所直前“飛龍高校コンビ”の翠富士(左)と熱海富士が、がっぷり四つ対談

 

 今年の相撲を大いに賑わせてくれそうなのが、静岡県出身の2人の力士だ。翠富士(27・東前頭二枚目、焼津市出身)と熱海富士(21・西前頭筆頭、熱海市出身)は、ともに伊勢ヶ濱部屋の兄弟弟子で、沼津市にある飛龍高校相撲部出身。14日に初日を迎えた初場所の直前、2人が本誌のインタビューに応じ、2024年の意気込みを語った。

 

 

――昨年は、2人ともに大活躍でした。

 

翠富士(以下、翠) いやいや、サク(熱海富士の本名、朔太郎)がすごすぎて。

 

熱海富士(以下、熱海) そ、そんなことはないと思います。

 

翠 一応、兄弟子だし、高校の先輩でもあるんで、負けられないなと思ってたんですが、あっさり番付で抜かれてしまいました。

 

――一緒に食事に行ったりはしますか?

 

翠 それがですね、誘ってもあんまり来てくれないんですよ。人気者だからね、サクは。一緒に行く時間ないよね?

 

熱海 いえ、いつでも待ってますよ(笑)。

 

――最初に会ったのはいつ?

 

翠 もう10年くらい前かな。

 

熱海 自分が小学6年のときですね。小6から相撲を始めて、飛龍高校で稽古をさせてもらったんです。そのとき、翠関は高校3年生でした。

 

――そのときの印象は?

 

翠 日本語をしゃべれてなかったんですよ。何を聞いても「はっす!」しか言わないんで、海外の人なのかなと(笑)。

 

熱海 ハハハ。

 

翠 体は大きかったです。あのときでもう、自分よりデカかったですから。

 

熱海 体重は100キロくらいありましたからね。でも、相手は高校生ですからみんなデカくて、めちゃめちゃ緊張しました。そのなかで話しかけてもらえたのは、すごく覚えていますね。

 

■伊勢ヶ浜部屋には飛龍高出身が5人も

 

――それにしても、飛龍高校のOBはここ数年、すごい活躍ですね。何か強さの秘密みたいなものは?

 

翠 う~ん、なんだろう……。めちゃくちゃ自由すぎるところなんじゃないですか。強豪校出身の人の話を聞くと、みんなすごく厳しいんですよね。そういうの全然ないんですよ。

 

熱海 なんか、弱小相撲部みたいなノリなんです。

 

翠 相撲部の栗原(大介)監督が言うには、選手の自主性にまかせると。無理やりやらせても強くならない。強くなるコは、どうやったら強くなるか、自分で考えるんだと。だから、本当に自由にやらせてもらえましたよ。

 

熱海 もともとは、地元の静岡の人がほとんどなんですけど、最近は九州からも相撲部に入ってきたりしてますよ。

 

翠 やっぱり、熱海富士効果だよね。

 

――飛龍高校からプロ入りする人も増えています。伊勢ヶ濱部屋に、また一人入門したそうですね。

 

熱海 そうなんです。高校3年生が一人。これでうちの部屋は、飛龍高校出身者が5人になりました。

 

(※飛龍高3年の鈴木塁智が入門。ほかにも幕下の聖富士、三段目の颯富士がいる)

 

――静岡県出身の幕内力士は、翠富士関が戦後5人め、熱海富士関が6人めだそうです。

 

翠 三役に上がると、江戸時代以来らしいんですよ(実際には94年ぶり)。

 

――番付からいえば、今場所は2人ともチャンスですね。

 

翠 自分の番付だと、二桁勝てば三役には上がれるとは思うんですけど、上の人もなかなか負けないからなあ。

 

熱海 三役、なかなか空かないですよね。自分は筆頭ですけど、西なんで、ただ勝ち越しただけじゃ上がれないかも。

 

――熱海富士関は2場所連続優勝争いをしてるわけですから、今場所こそ狙うは優勝?

 

熱海 いや、そんなに甘くないですよ。

 

翠 初めてだからな、上位と総当たりは。

 

熱海 勝てる気が……しないんです……。

 

翠 そこまで力の差があるとも思っていないけど、でもやっぱり強いんだよな、ちょっとだけ。

 

熱海 はい。結局、自分は上位の人に負けてますからね。

 

■back numberのライブに行きたい!

 

――そこは、先輩の経験でアドバイスとか?

 

翠 そんなのはないですよ。自分で頑張るしかない。

 

――肩すかしを教えたり?

 

翠 あれは、教えてできるもんじゃないですよ。サクは稽古場で毎日怒られてるんです。せっかく教えてもらってるのに、なかなかやらないよな。

 

熱海 自分、運動神経が悪いんですよ。教えてもらっても、なかなか難しくて。サッカーでも、ボールを蹴ろうとしたら空振りするし、ドリブルもできないんで。

 

――熱海富士関は「永谷園」とCM契約をしたそうですね。

 

翠 すごいよね。永谷園さんを味方につけたら、もう怖いものなしだ。「二代目高見盛」を目指すんだろ?

 

熱海 ああ、それはあんまり言ってほしくないかも……。

 

翠 これからCM撮るんだよね。すっかり芸能人だな(笑)。

 

熱海 う~ん、ミーハーなのは、否定しません。

 

――テレビに出る機会も増えたのでは?

 

熱海 それが全然ないんですよ。『さんまのまんまSP』(カンテレ・フジテレビ系)には出させてもらいましたけど。基本、地元(静岡)のテレビばっかりです。

 

――芸能人だと、誰に会いたいんですか?

 

熱海 石原さとみさんとか。

 

翠 え? こないだ言ってたのと違わない?

 

熱海 いや、そんなことないです。あと福原遥さん。映画やってるんで観に行きたいなあ。

 

――最後に、今年の目標を。

 

翠 自分はやっぱり三役ですね。これまで(前頭)筆頭までは上がったんですが、そこからが上がれない。今年こそ、と思っています。

 

熱海 自分もまずは三役だと思っています。

 

――もうひとつ上、大関を目指すという気持ちは?

 

熱海 いや、自分なんかまだまだ「顔じゃない」と言われますよ。まずは初場所を勝ち越して、そこから一番でも多く勝てればいいと思っています。あと、back numberのライブにも行きたい。もうすぐツアーで、チケットはファンクラブ会員限定なんですが、ハズれちゃったんです。なんとかならないかな……。

 

 今年も大相撲は、“下剋上”必至といわれている。伊勢ヶ濱部屋の最強コンビが、土俵上で“静岡旋風”を巻き起こす。

 

撮影・舛元清香、千葉麗美 コーディネート・金本光弘

( 週刊FLASH 2024年1月30日号 )

もっと見る

今、あなたにおすすめの記事

スポーツ一覧をもっと見る