最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1583号
12月8日号
11月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月24日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

広島カープ「神ってる男」松山竜平は愛称アンパンマン

スポーツ 投稿日:2017.10.21 11:00FLASH編集部

広島カープ「神ってる男」松山竜平は愛称アンパンマン

『写真:AFLO』

 

 2017年シーズンの広島カープの優勝の立役者と言えるのが同期入団の安倍友祐(28)、丸佳治(28)、松山竜平(32)の赤鯉三銃士だ。

 

 同期の丸や安部からいじられる愛されキャラの松山こそが、もう一人の “新・神ってる男” である。

 

 愛称は「アンパンマン」。チームを明るくするキャラクターの一方で、左の強打者として優勝がかかった9月から四番に定着、打点を荒稼ぎした。

 

「二軍でも一生懸命プレーしていて、『絶対に打って、チームを勝利に導く』という強い自信を秘めていた。でも、同期入団とはいえ、大卒で4歳年上なのに威張らない。今でも、『広島にいるときは、連絡くれー』と、よくご飯に誘ってくれるんですよ」(福山ローズファイターズ・中村憲選手)

 

 原点は小学生時代のソフトボールにある。松山をはじめ、阪神・福留孝介らを指導した、大崎ソフトボールスポーツ少年団の新留勝郎名誉監督が語る。

 

「ソフトボールの投手というのはほとんどが右投げなので、うちは入団と同時に右打ちの子を左打ちに変えるんです。松山は器用なのか、左打ちに変えた後もきれいなバッティングフォームのまま。プロに行く素質がそのころからあったのかもしれません」

 

 昔からのきれいなフォームで松山が本塁打を放ち、安部もコツコツと安打を重ねる。2度のベストナインに輝いた丸だけじゃないんだぞ、と存在感を放つ赤丸急上昇の同期三銃士が、赤ヘルを勝利に導く。

 

(週刊FLASH 2017年10月3日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入