スポーツスポーツ

「大乱調じゃなくて平常運転」30歳になった藤浪晋太郎、メッツ3Aで1死も奪えず3失点に野球ファン嘆息

スポーツ 投稿日:2024.04.15 18:47FLASH編集部

「大乱調じゃなくて平常運転」30歳になった藤浪晋太郎、メッツ3Aで1死も奪えず3失点に野球ファン嘆息

MLB オープン戦で(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 

 メッツ傘下3Aシラキュースの藤浪晋太郎が、4月15日(日本時間)、レッドソックス傘下3A・ウースター戦に登板した。3回、2死満塁の場面でマウンドに上がったものの、先頭打者に押し出し四球。

 

 次の打者にはタイムリーヒットを打たれ、その後も2つの死球を与えたところで降板。結局、1アウトも奪えず、1安打3四球3失点という大乱調だった。

 

 SNSでは、かつて見た右腕の姿が蘇ったのか、

 

 

《これぞ劇団藤浪ひとり 乱調じゃなくて、これが通常モード》

 

《大乱調じゃなくて平常運転だぞ》

 

《俺たちの藤浪さんが帰ってきた!(悪い意味で)》

 

《移籍して順調にやってんな最高に調子いいじゃんか藤浪。本来の姿に戻った》

 

 といった、皮肉の声があふれている。

 

 藤浪は2023年、阪神からメジャーのアスレチックスに移籍。シーズン途中でオリオールズにトレードされ、2チームで計64試合に登板。5ホールド2セーブで防御率は7.18という成績だった。

 

 今季は1年契約でメッツに移籍。シラキュースで5試合に登板し、防御率は9.00となっている。

 

「開幕ロースター入りを目指していた藤浪ですが、オープン戦の投球内容が悪く、3Aで開幕を迎えることになりました。2023年の契約にはメジャー枠を保証する条項が含まれていたのでマイナーでの登板はなかったのですが、今季の契約にはその条項がないのです。

 

 課題はやはり制球難。オープン戦でも四死球を乱発していたので、とてもメジャーで投げさせられないと判断されたのも当然です」(スポーツライター)

 

 4月12日に30歳の誕生日を迎えた藤浪。その当日の “バースデー登板” では、1回1/3を投げて無安打無四球。最速98マイル(約158キロ)の直球で存在感を示し、今季初ホールドをマークしていたのだが……。

 

「もちろん、この後メッツのリリーフ陣に故障者が出れば、メジャー昇格の可能性はあります。ただ、先発の可能性はゼロです。2023年はアスレチックスで開幕から4試合連続で先発したものの、その4試合で防御率が14.40。早々に先発失格の烙印を押されており、メッツとの契約もあくまでリリーフとしてのものです。

 

 メジャーでは30歳を過ぎると、契約はかなりシビアなものになってきます。今年の藤浪はまさに “崖っぷち” の状況といえます」(同前)

 

 誕生日に自身のInstagramを更新した藤浪。《想像していた30歳とは程遠く、童心溢れる私でございますが、善き30代となるよう精進していく所存であります》と綴っており、周囲の心配とは逆に余裕しゃくしゃくなのかも――。

( SmartFLASH )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事