最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1450号
12月19日号
12月5日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月10日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第5弾】12月1日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

ロシアW杯日本突破へ「元日本代表FW城彰二」の提言スポーツ 2017.12.06

ロシアW杯日本突破へ「元日本代表FW城彰二」の提言

 

「JAPAN」のくじが引かれたのは32カ国でいちばん最後だった。
 12月2日未明のロシアW杯組み合わせ抽選会で、FIFAランク55位の日本は、コロンビア、セネガル、ポーランドの順に対戦することが決まった。

 

 決定後、ハリルホジッチ監督(65)は「もっと難しいグループに入る可能性もあった。このグループに入ってよかったかどうかは、やってみないとわからない」と、いつもと違って弱気な発言をしている。

 

 では、日本は厳しい戦いを制し、決勝トーナメント(以下、決勝T)に進むために、いかなる戦いをするべきか。元日本代表FWの城彰二氏(42)が対策を練る。

 

「日本はラッキーなグループに入った印象。初戦に最強と思われるコロンビアとやれることもいい。彼らは大会全体を考えて初戦から全力では来ないはず。しかも予選中に監督を交代したり、まだメンバー選考をしている段階なので、チームとして完成していない。

 

 セネガルは避けたかった相手。強靱な肉体、高さのあるパワープレーがある。日本は空中戦に持ち込まれないように、低いパスを主体に戦いたい。

 

 また、アフリカ勢全体にいえることですが、精神面に問題があり、キレるとバラバラになる傾向にある。粘り強く守りながら、いなしていくことが重要。

 

 ポーランドはいちばん戦いやすい相手。パスを繫いでくる戦術ですが、日本はそれに慣れている。また、DF陣はややスピードに脆さがある。日本としては、奪ってから素早いショートカウンターを仕掛けていくべきです。

 

 どの国も強いが、特別な存在ではない。カギを握るのは初戦。引き分けでもいいという割り切りが大事です」

 

(週刊FLASH 2017年12月19日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2017年秋号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

プラチナフラッシュ Vol.2
11月24日発売
表紙:渡辺 梨加

詳細・購入