最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1625
12月7日号
11月16日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月26日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

自主トレが続く「イチロー」メジャー契約を阻む45歳の壁

スポーツ 投稿日:2018.01.26 11:00FLASH編集部

自主トレが続く「イチロー」メジャー契約を阻む45歳の壁

 

「正直、この段階まで声がかからないのは不思議だ。たとえば、キャンプに招待選手として参加させて、契約するか判断すればいい。金銭的にも高額な年俸を払う必要もない。少なくとも最初に所属したマリナーズは、チャンスを与えるべきだ。

 

 だが、ついに彼も現実に直面したといえるのかもしれない。イチローも、今年で45歳になるしね」と語るのは、AP通信シアトル支部のボブ・シャーウィン記者だ。

 

 メジャー18年めを目指すイチローの去就が決まらない。その理由を同記者が続ける。

 

「スイングスピードを含め、全体的にスピードが落ちている。昨年は代打が主だったが、メジャーでは控え選手への要求は三つある。まずは足が速いこと。代走として、盗塁を求められる場面で重宝される。次にパワーヒッター。一発が欲しい場面での起用が多い。三つめは出塁率の高さだ。終盤の先頭打者で起用されることが多いからだ。

 

 だが、今のイチローにはひとつも当てはまらない。盗塁は昨年わずか1個。本塁打はそもそも求められていない。出塁率も2016年は.354、2017年は.318だったが、四球が少ないため、基本的に高い選手ではない」

 

 FA市場の動きの遅さも影響する。

 

「まず主軸打者を優先して補強に着手するが、これらの選手たちの移籍先がまだ決まっていないため、イチローのような選手の獲得は後回しになってしまう。おそらく3月ごろにならないと、触手を伸ばす球団は出てこないでしょう」(担当記者)

 

 1月18日、ほっともっとフィールド神戸には躍動するイチローの姿があった。それは、18年前となんら変わりはない。前所属のマーリンズ入りしたのは、2015年1月27日。まだ時間は残されている。
(週刊FLASH 2018年2月6日号)

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入