最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1508号
4月2日号
3月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第19弾】2月22日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

マラソン「小鴨由水」走る時間が欲しくて生保レディやめたスポーツ 2018.05.30

マラソン「小鴨由水」走る時間が欲しくて生保レディやめた

 

「3月まで、フコク生命の生保レディでした。新人の部で全国6位の営業成績を挙げたこともあるんですよ。この4月、ランニングの時間が欲しくて独立し、代理店契約を結びました」

 

 頑張り屋の小鴨由水(46)の人生は山あり谷ありだ。

 

 1992年、デビュー戦の大阪国際女子マラソンを日本新記録で優勝。初マラソンとしては世界最高記録だった(どちらも当時)。

 

 しかしバルセロナ五輪では酷暑に負けて29位。

 

「自分を責めて悩み、翌年ダイハツを辞めました」

 

 1996年、福岡の岩田屋の陸上部に入った。

 

「ところが1999年に廃部になり、退社しました。結婚、離婚もして、2人の息子のシングルマザーです」

 

 現在は個別指導の会員制ランニング教室「九州DUCKS」を主宰。短大の陸上部監督、小学生や障害者の指導にも携わる。

 

「大会にゲストで呼んでいただくこともあり、1年じゅう走ってます(笑)」

 

こかもゆみ
1971年12月26日生まれ 初マラソンの大阪を2時間26分26秒で走った。現在、西日本短大駅伝部監督。福岡マラソン、福岡小郡ハーフマラソンには毎年出場している

 

(週刊FLASH 2018年5月8・15日合併号)

【関連記事】

・東京五輪「マラソン」テロ対策にランニングポリスとBEEMS

・メダリストよりすごい「マラソン」設楽悠太が1億円ゲット

・高橋尚子マラソンを始めたキッカケは小出監督の「365日の囁き」

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入