最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1556号
4月21日号
4月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

甲斐キャノン炸裂の「甲斐拓也」タクシー運転手の母の愛忘れずスポーツ 投稿日:2018.10.30 23:48

甲斐キャノン炸裂の「甲斐拓也」タクシー運転手の母の愛忘れず

公式サイトより

 

 2018年10月30日、日本シリーズ第3戦で、ソフトバンクの甲斐拓也捕手(25)が出場。初回1死1塁で盗塁した走者の田中広輔を捕殺。日本シリーズの盗塁阻止率は100%と、今シリーズいまだに盗塁を許していない。

 

 2塁送球が1.71秒という強肩を誇り、Twitterでは「甲斐の肩すげえwまじでレーザービームやん(笑)」「いやいや甲斐肩強すぎでしょ」「出ました甲斐キャノン今日も炸裂ですなー」と、甲斐の肩の強さを大砲のキャノン扱いした「甲斐キャノン」という言葉が広まった。

 

 

 今では日本シリーズで活躍している甲斐だが、プロの道はどの選手より険しかった。2011年、ソフトバンクホークスの育成選手として契約し、背番号は3桁からのスタート。

 

 ドラフト1位で同期入団した捕手・山下斐紹(現・楽天)がいたこともあり、1軍出場の可能性はきわめて低かった、それでも諦めず頑張ってこられたのは、・小百合さんのおかげだった。

 

 小百合さんは甲斐が2歳の頃に離婚し、女手一つで育ててきた。地元のタクシー会社で女性ドライバーとして働いた。ほかの仕事を掛け持ちするなどして、息子を育て上げた。勤続24年、今では個人タクシーとして息子の試合に合わせて仕事ができるようになった。

 

 育成から這い上がり、育成出身初のゴールデングラブ賞を受賞するなど、球界を代表する捕手になった甲斐。それでもなお進化を続ける源は、母への感謝の心にあるのだ。

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入