最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1549号
2月25日号
2月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第30弾】1月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

ゴルフに批判的だった「張本勲」巨人でカモにされ態度一変スポーツ 投稿日:2020.02.09 06:00

ゴルフに批判的だった「張本勲」巨人でカモにされ態度一変

 

『サンデーモーニング』(TBS系)のご意見番として「喝!」を連発し、辛口コメントはたちまち炎上。御年79歳の張本勲は、通算最多の3085安打504本塁打319盗塁を達成した、名選手だった。

 

 現役時代の逸話は、記録だけでなく、記憶にも残るものが多い。当時を知る、スポーツ紙記者が語った。

 

 

「張本さんには、『プロ野球選手たるもの、ゴルフをやったらダメ』という持論がありました。その真意を、こう話していました。

 

『ゴルフをやり始めると、朝早くからゴルフ場へ出かけて、長いラウンドをまわり、体を休ませる暇がない。シーズン中に体を酷使したのだから、オフに入ったら翌シーズンに備えて、体力維持トレーニングを続けながら、体を休ませることに専念しなくてはいけない。

 

 あの大杉(勝男、東映の強打者)を見てごらんよ。ゴル
フをおぼえた途端、バッティングがまったくダメになった。打者のバットスウィングとゴルフスウィングとでは、腰の回転が異なる。ただし、投手はゴルフをやってもいい。なぜなら、投球動作の腰の回転と、ゴルフスウィングの腰の回転は一緒だから』」

 

 さらに、「ゴルフなんか馬鹿じゃねぇか。止まったボールを打って、穴に入れるだけなんだから、誰にもできるだろ」とも語っていた張本。その言葉どおり、ゴルフを一切しなかった。ところが……。

 

「日拓時代か日ハム時代か、当時のオーナーが選手に『ゴルフをやろう』と誘ったことがあります。すると、それまで『ゴルフ禁止』を持論にしていた張本が、なんとゴルフクラブを持ってやってきた。あれには驚きましたね、言動不一致さにあきれ返った(笑)。

 

 その後、巨人に移籍すると、今度はゴルフに夢中になります。でも巨人の選手は、みんなゴルフが上手い。毎度、張本さんはカモにされていました。

 

 それが、よほど悔しかったのでしょう。『いつか見返してやる』という一心で、引退後ゴルフにのめり込むようになり、次第にメキメキと上達。解説者になる頃には、玄人なみの腕前になっていました。

 

 ゴルフについては、かつて言っていたことと、やったことがまるで違いますが、そのギャップの激しさにも、張本さんらしい、負けん気の強さを感じます」

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入