最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1556号
4月21日号
4月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

王貞治も進言した「プロ野球16球団」前澤友作はノーアイデアだったスポーツ 投稿日:2020.02.18 16:00

王貞治も進言した「プロ野球16球団」前澤友作はノーアイデアだった

 

 プロ野球「16球団」への拡張構想が、再び過熱している。

 

 もともとは2014年、球団を増やすことで地域活性化につなげることが自民党で議論され、安倍晋三首相に「アベノミクス」の一案として提言したことで、構想が浮上した。

 

 

 そして今年1月11日、福岡のテレビ番組で、ソフトバンクホークス・王貞治会長(79)が「球団数は現在の12より16が望ましい。あと4つ新しい球団が誕生してほしい」と発言し、注目が集まった。

 

 この話題を語るうえで、もう一人、重要人物がいる。それはZOZO前社長の前澤友作氏(44)だ。前澤氏はZOZO社長時代の2018年7月、突如「プロ球団を持ちたい」と表明した。

 

「当時の前澤氏は、噂されていた千葉ロッテの買収ではなく、新規での参入を強く主張。さらに、堀江貴文氏も『(水面下で)16球団の動きがある』と発言するなど、球団数を増やす話が具体化するかのように思われました」(スポーツライター)

 

 だが、2018年12月、前澤氏は努力不足と勉強不足を理由に「いったん断念することにしました」と表明。

 

 その後の2019年9月にはZOZOの社長も退任した前澤氏だが、自身のYouTubeチャンネルで「1000億円記帳」をおこなうなど、今でもプロ球団を保有できるほどの資産はあるようだ。

 

 球団保有について断念することを表明した際、「夢は夢としてあきらめず持ち続けたいと思います」と発言していた前澤氏は、今回の王氏の発言をどうとらえるのだろうか。
 

 そこで今回、本誌は前澤氏に、

 

「現在、プロ野球の参入についてどのように考えていますか?」
「前澤さん自身は『16球団』でプロ野球をおこなうことについて、どのように考えますか?」

 

 という内容で、インタビュー取材をお願いすると、広報担当者から以下の回答が届いた。

 

「本件ですが、現在回答できる内容がないため、大変恐縮ですがコメント出しに関して辞退させていただけますと幸いです」
 

 どうやら、語れるほどの「夢」もなかったらしい。

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入