最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1555号
4月14日号
3月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

池江璃花子が語る闘病生活「家族にも素直に頼れなかった」スポーツ 投稿日:2020.02.20 00:22

池江璃花子が語る闘病生活「家族にも素直に頼れなかった」

写真・JMPA

 

 2月19日、『報道ステーション』(テレビ朝日系)に、競泳の池江璃花子選手が出演。2019年2月から12月まで続いた「白血病」との闘病生活について語った。

 

 最初に病名が判明したときは、「どういう病気か知らなかった」という。

 

 

「後から『抗ガン剤治療で髪の毛がすべて抜けます』って言われて、それが一番ショックで大泣きした。

 

 でも、部屋に戻ってきたら意外と元気になってて。病気になったらなったで頑張るしかないなって、すぐに気持ちを切り替えて。それは本心でした」

 

 ポジティブな方向に気持ちを持っていけた理由は、「アスリートとしてはよくない考えかもしれないですけど」と前置きしながら、こう話す。

 

「(当時は)世界記録まであと少し、世界ランキングも1位、東京五輪では金メダル候補って言われるようになって、自分でもわからなかったけど、プレッシャーがあった。五輪、金メダルって言葉から解放されてホッとして、ポジティブになれたのかも」

 

 抗ガン剤治療は、想像以上に厳しいものだったという。

 

 2019年3月にはツイッターで「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです。三日間以上ご飯も食べれてない日が続いてます。でも負けたくない 」と呟いている。

 

 当時について「あのときは、体調が悪くなって3日目ぐらいだったんですけど、その後の方がもっとしんどかった。携帯なんて絶対触れない、テレビも見られない、音も聞きたくない。ご飯も食べないっていう状況が2週間続いた。もう寝返りうつのもしんどかった。数千倍どころじゃない。人が感じる苦しいとは、レベルが違う苦しさなんだろうなって思いました」と話す。

 

 一番つらいときは、死にたいとさえ思ったが、1回目の一時退院で4日間ほど外出したことで、「すべてが幸せで、なんであのときあんなこと思っちゃったんだろ、こんなに楽しいことが待ってたのに」という気持ちになれたという。

 

 池江は、「水泳でずっと結果を出して、弱音もまったく吐かなかったから、病気中もつらいとか言えなかったし、家族に素直に頼れなかった。でも、最終的には家族や関係者の支えがなかったら、絶対乗り切れていない。感謝しています」と話した。

 

 聞き手の松岡修造に、「それだけ苦しいのに、なぜ自分をさらけ出さなかったのか」と聞かれると、池江は「家族に迷惑をかけたくなかった」とだけ返し、涙をぬぐった。

 

 次の目標は、2024年のパリ五輪出場だという。

 

「覚悟はしています。パリに出られなかったとしても次がある。自信があるわけじゃないんですけど、目標って絶対必要。水泳だけじゃなくて人生で。だから、パリが今の一番の目標。いつの日か試合に出られたら、何秒ぐらいは絶対出しておきたいなって。そういうレベルでは考えている」

 

 インタビューの終盤、「たまに泳いでいる自分の姿を夢に見たりするんです。泳いでいるんです。タイムも聞こえるんです。意外と速くて、びっくりしました。夢ですけどね」と、笑顔で話していた。

 

 4年後のパリ五輪のとき、池江はまだ24歳だ。夢は十分実現できるはずだ。

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入