最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1413号
3月7日号
2月21日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

10月27日増刊号
9月20日発売

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

安倍首相も待ちぼうけ「プーチン大統領」は世界一有名な遅刻魔社会・政治 2016.12.17

『安倍首相とプーチン大統領(ロシア大統領府のサイトより)』

『安倍首相とプーチン大統領(ロシア大統領府のサイトより)』

 

 12月15日に山口県で開催された日ロ首脳会談は、プーチン大統領の2時間半の遅刻という波乱の幕開けで始まった。振り返ってみると、12月2日に開かれた岸田文雄外相との会談も2時間近く遅れている。これは、相手を待たせることで交渉を有利に運ぶ思惑があるというが、本当の理由は定かではない。

 

 プーチン大統領の遅刻伝説は豪快だ。

 

・2000年、韓国・金大中大統領 30分遅刻
・2000年、ローマ法王ヨハネパウロ2世 15分遅刻
・2003年、イギリスのエリザベス女王、14分遅刻
・2008年、韓国・李明博大統領 40分遅刻
・2009年、フィンランド・ハロネン大統領 2時間遅刻
・2009年、ウクライナ・チモシェンコ首相 3時間遅刻
・2012年、野田首相 1時間半遅刻
・2012年、アメリカ・オバマ大統領 40分遅刻
・2012年、ドイツ・メルケル首相 40分遅刻
・2013年、ローマ法王フランシスコ 50分遅刻
・2013年、アメリカのケリー国務長官 3時間遅刻
・2013年、韓国・朴槿恵大統領 40分遅刻
・2014年、ドイツ・メルケル首相 4時間遅刻し、キャンセルをくらう

 

 あまりの非礼ぶりは呆れる限り。ロシア側は「先方の情報をきちんとチェックするため時間がかかる」などと説明するが、一説には、プーチン大統領が遅く寝て遅く起きるため、朝に弱いからだともされる。

 

 だが、真のプーチン氏は、友人を非常に大事にするそうだ。著書でも「友人は我々の人生そのものだ」「彼らに裏切られたことも私が裏切ったこともない。それが最も大事なことだ」などと語っており、本当の友人に対して無礼なことは決してしない。

 

 実際、訴追されたイタリアのベルルスコーニ氏や、失脚したサンクトペテルブルク市長など、旧友に関しては、見捨てることなく昔と同じように付き合ったと報じられている。

 

 これは、KGB時代、さまざまな裏切りを目の当たりにしてきたからだ。安倍首相も、プーチン大統領と本当の「お友達」になれれば、領土問題も進捗するのかもしれない。

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2017年早春特大号
2月18日発売

詳細・購入