最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1602号
5月11日・18日号
4月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

4月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

美川憲一、どん底から救ってくれた仏師と再会「龍神様のお導き」

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.10.11 06:00FLASH編集部

美川憲一、どん底から救ってくれた仏師と再会「龍神様のお導き」

インドで出会ったという龍を製作する秀雲さん。細かな指示を龍神から告げられるという

 

「龍」は、秀雲さんにとって特別な存在だ。本人によれば、ネパールでの修行中、ジャングルの中で途方に暮れているところを龍に道案内され、インドのブッダガヤに辿り着いた経験があるという。

 

 助けてくれた龍へのお礼として、龍の彫刻を彫るようになり、今では頭の中に語りかけてくる “龍神様” と対話しながら、彫刻を手がけているそうだ。そして不思議なことに、美川もまた、龍と深い因縁がある。

 

美「子供のころから、母がなにかにつけ『龍神様、龍神様』と言っていたんです。だから私も、お守り代わりに龍の絵をお財布に入れているし、自宅では、母の写真の隣に龍の絵を飾っているの。人生を通じて、龍に守られていると感じていて。今回、先生と再会できたのも、そのおかげなんじゃないかしら」

 

秀「まさに “龍縁”、龍が取り持つ縁なんじゃないかな。美川さんは龍に守られているから、美川さんを裏切る人は、ひどい目にあうよ」

 

 かつては、たびたび食事もともにしていたという2人。1982年9月10日の日付のある、美川が残したサインには、若き日の2人の姿を収めた写真が貼られていた。

 

秀「このときは、美川さんが嫌いなジンギスカンを、私が食べさせたんだよね」

 

美「覚えてますよ。私は、いまでもジンギスカンが嫌いで、絶対に食べませんけど」

 

秀「当時、北海道の田舎では食堂といえばジンギスカンだったし、地元のものを食べたほうがいいと思っていたんだよね。美川さん、泣きながら食べていたんじゃない?」

 

美「泣きはしませんでしたけど、店の人に失礼だと思って、少しだけ箸をつけましたよ」

 

秀「それにしても、あのころの美川さんは、つらい時期だったはずなのに、愚痴を言ったり、弱い姿を見せなかったよね」

 

美「どん底に落ちていく時期で、1984年には大麻で2回めの逮捕もされました。でもね、私、隠してないのよ。まわりに悪い友達ができて、薬物に手を出してしまった。でも私は、その現実をしっかり見据えましたよ。あの汚点をバネにして、ゼロからやり直そうと頑張りました」

 

 秀雲さんが、遺跡の修復や彫刻の仕事で世界を飛び回る一方、美川も1990年代以降、再ブレイクを果たし、再び人気歌手として上り詰めていった。

 

秀「美川さんが帰るとき、長靴を履いて、ボロボロのジープで夕張から千歳空港まで送ったのが最後だったかな。あれから38年、こうしてまた美川さんの元気な姿を見ることができて、本当に嬉しい。“波動”も、昔と変わらない」

 

美「いま、デビュー56周年ですが、60周年を目指して頑張ります。もしかしたら、もっとかも。先生も長生きして、これからも龍神様に仕えて、私たちを助けてください。フフフ……」

 


(週刊FLASH 2020年10月20日号)

12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入