最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月19日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

佐藤浩市、ロケの意義を実感「地方での交流は僕たちの命題だと思う」

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.11.09 20:57FLASH編集部

佐藤浩市、ロケの意義を実感「地方での交流は僕たちの命題だと思う」

 

 俳優の佐藤浩市が、11月9日に開かれた映画『サイレント・トーキョー』5都市タワージャック点灯式イベントに登場した。

 

 映画は、クリスマスシーズンに都内各所を狙った爆弾計画を阻止する物語。今回共演した西島秀俊と石田ゆり子とは、国家の命運をかけるシリアス作品での共演が多かった。それだけに、次回作ではほっこりした作品を望んでいる。

 

 

「居酒屋で隣同士、(西島と)小さいことを話していたい。店の女将さんがゆり子さんで、恋のさや当てをしたりね(笑)」

 

 イベントでは東京タワーをクリスマスツリー調に点灯させ、感慨深い思いに耽った。

 

「60年ほど東京に住んでて、小さいころから見ていた東京タワーを点灯させる日が来るなんて、不思議な気持ち。クリスマスは恋人同士のイメージがありますけど、親しい友人たちと過ごせればいいなと思います。今年はコロナで難しいかもしれないですけど」

 

 コロナ禍で、撮影が思うようにいかない1年だったからこそ、コロナ前におこなっていた地方ロケのありがたみを実感した。

 

「監督のなかには(作品すべてを)オールロケでやりたい方もいます。長くて2〜3カ月くらいのときもあって。

 

 地元の人と話して、店で食べて飲む。それが映画のシーンより思い出に残ったり青春になったりしてて、貴重な経験。地元の人と映画を作りたいと思うし、それこそが僕たち(俳優として)の命題だと思います。また地方で撮影したいですね」

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入