エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

結成30周年を迎える「TRF」、ボーカリストYU-KIが明かす「小室哲哉のドSっぷり」

エンタメ・アイドルFLASH編集部
記事投稿日:2022.01.23 06:00 最終更新日:2022.01.23 06:00

結成30周年を迎える「TRF」、ボーカリストYU-KIが明かす「小室哲哉のドSっぷり」

 

 寒い日本の冬が活気に溢れていたのは、雪景色を彩る美女の存在があったからだ。彼女たちが魅せた笑顔、名演技、歌声、熱戦の数々が多くの日本国民を勇気づけたーー。一世を風靡した “ウインター美女” たちが、当時の舞台裏を初告白!

 

「冬といえば……自分の誕生日ですか(笑)。でも、言われてみるとたしかにTRFには冬の楽曲も多いですね」

 

 そう語るのは、TRFのボーカリスト・YU-KI。ミリオンヒットを記録した『CRAZY GONNA CRAZY』、そして、TBS系の長野五輪のイメージソング『Unite!The Night!』と冬の楽曲があるなか、『寒い夜だから…』は特に印象深い楽曲だという。

 

 

「それまでのTRFはテンポの速いダンスミュージックで歌詞も英語が多かった。その流れが続いたなか、初めてミディアムテンポの楽曲。曲をもらったときは驚きました」

 

 長年歌う彼女でも、いまだに難しい楽曲だという。

 

「いきなり歌い出しがサビから始まりキーも高い。ボーカルレコーディングはもちろん、ライブで歌うとき、つねに緊張感のある曲なんですよ」

 

 小室哲哉氏のプロデュース手法も記憶に残っている。

 

「TRFはデビュー曲からずっと、私の歌声にキーを合わせた曲がなかったんです。あまり聞かない例だと思います。小室さんから直接の指示はいっさいなくて、デモ曲に入っていた仮歌のキーに私が合わせて歌っていたんです。私のキーは高くなくて、むしろ低音が得意。この曲もそうですが、ずっと中高音域というメロディがTRFには多くて、歌うのにかなり努力しました」

 

 しかし、それが “小室マジック” だった、と実感した。

 

「完成版を聴くと自分のいい声の成分が出ている。レコーディング中は『小室さんはドSだな』と思うのですが……(笑)。最後には『さすが!』と思わされるんです」

 

ゆーき
1966年12月19日生まれ 愛媛県出身 1992年、ダンスコンテスト「TKトラックスナイト」をきっかけに「trf」にボーカリストとして参加。9月にグループ結成30周年を迎える。今年も『夜明けのうた』に出演するなど、舞台でも活躍

 

ヘアメイク・室岡洋希(Iris)

 

( 週刊FLASH 2022年2月1日号 )

今、あなたにおすすめの記事

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る