最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1645号
5月24日号
5月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月13日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

高畑充希『ムチャブリ!』思考停止で八方美人の社長が、実は超優秀だった意外なワケ

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.01.26 11:00FLASH編集部

高畑充希『ムチャブリ!』思考停止で八方美人の社長が、実は超優秀だった意外なワケ

 

 当初は、こんな思考停止で情けないノープラン社長についていきたくないよな、と思っていた。けれど次第に、こんなリーダー像もありか、と思うようになった。

 

 今夜、第3話が放送される高畑充希主演のお仕事ラブコメ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』(日本テレビ系)。

 

 

 出世欲なし・彼氏なしで仕事も恋愛もあきらめモードの高梨雛子(高畑)は、社長秘書としてカリスマ社長・浅海寛人(松田翔太)の無理難題の指示にてんやわんやの日々を送っていた。

 

 そんなある日、雛子は数年前に出していた新規事業の企画を使いまわして提出したところ、なぜか採用され、突如、子会社の社長に任命されてしまう。いきなり一企業のトップを任されるという史上最大のムチャブリに、新米社長として奔走していく――というストーリーだ。

 

 雛子が社長を務める会社はカジュアルフレンチの飲食店経営で、先週放送の第2話までに、買収してリニューアルしようとした老舗レストランの堅物シェフを説得したり、再オープン後の集客不振に悪戦苦闘したりする様子が描かれた。

 

■リーダーシップの “リ” の字もない主人公

 

 もともと雛子は与えられた秘書業を八方美人でこなしていただけで、仕事へのモチベーションが高いわけでもなく、いきなり社長業をやれと言われてテンパっているのには同情する。

 

 にしても、作り笑顔で上辺だけの発言をしたり、浅海にも部下にも言われるままになっていたりと、リーダーシップの “リ” の字もないように思えていた。

 

 実際、第1話ではリニューアルに反発した堅物シェフに、「シェフやみなさんの意見を無視して進めるようなことは決してしませんので」とその場しのぎの発言をし、さらに状況がこじれてしまう。トップがこんな目先だけ取り繕うようなことを言うのはいかがなものか……。

 

 第2話では、リニューアルオープン前に店の食器類やインテリア、ホームページデザインなど、本来自分が決定しなければいけないことを生意気な若手社員・大牙涼(志尊淳)に丸投げ。キャパオーバーになった大牙がミスをおかしてしまう。

 

 しかし、第1話では雛子の誠意がシェフに届き、一晩寝ずに協力して新メニューを考案することができたし、第2話では親子連れの客を呼び込むために大牙と考えた「ファミリーデー」が功を奏するなど、一定の結果を出すことに成功。だいぶご都合主義のラッキー展開もあったが、なんだかんだで雛子の人徳のなせる業だったのかもしれない。

 

■「人財」確保という面で実は超優秀な社長?

 

 薄っぺらいプランしかなく、確固たる信念もなく、こんなんでいいのかとイラッとするほど、一見すると空っぽに見える社長・雛子。こんな情けないリーダーで経営がうまくいくわけないと思っていたが、冷静に考えると、それは筆者の凝り固まった固定観念にすぎないのかもしれない。

 

 社長たるもの、強い信念と明確なビジョンを持ち、決断力や統率力に優れているべき――と思い込んでいたが、社長・雛子を見て少々アナログ思考すぎたかと自省したのだ。

 

 もちろん強い信念や決断力・統率力のある社長像も正解なのだろうが、それが唯一無二のあるべき形ではなく、別の正解の形があってもいいのだろう。

 

 雛子は自信満々でプライドが高いワンマン社長とは真逆のスタンス。

 

 自分に自信がないから誰に対しても謙虚でいられるし、八方美人ゆえにみんなの声に耳を傾けている。自分のダメさ加減をわかっているから、人情で他者の心を動かせるし、大役を任した部下のミスも咎めない。頼りにならないが、どこか憎めない愛されキャラでもあるので、ついつい支えたくなってしまう。

 

 今の時代、さまざまな業界で有能な人材の奪い合いが起こっており、人材は “利益を生み出す財産” という考えから「人財」という言葉をよく耳にする。

 

 このドラマを通じて雛子が提示する社長像は、謝ってばかりで情けないように見えるかもしれない。けれど、彼女を支えようとする部下たちは、委縮することなく存分に能力を発揮できているので、やりがいもありそうだ。結果として最重要ミッションである「人財」確保という側面で、社長・雛子は意外と優秀なのではないか。

 

 雛子は情けなく部下に頼りっぱなしだが、実は社長像の一つの正解を示しているのかもしれない。

 

――世帯平均視聴率は第1話が8.9%、第2話が7.4%(※ビデオリサーチ調べ/関東地区)と減少しているが、今後、雛子が率いる会社がどのような飛躍を遂げていくのか見ものである。第2話ラストでは、雛子・浅海・大牙の三角関係の恋愛フラグが立てられていたため、今夜放送の第3話では恋の行方にも注目だ。

 

●堺屋大地
恋愛をロジカルに分析する恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラー。これまで『女子SPA!』『スゴ得』『IN LIFE』などで恋愛コラムを連載。現在は『文春オンライン』『週刊女性PRIME』『日刊SPA!』などに寄稿中

 

( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入