最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1669号
12月13日号
11月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

中森明菜 大ヒット曲『TATTOO』作曲者が語る“天才歌姫”秘話「初披露時の超ミニを見て『すげぇ、やりやがった』と」

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.11.23 18:18FLASH編集部

中森明菜 大ヒット曲『TATTOO』作曲者が語る“天才歌姫”秘話「初披露時の超ミニを見て『すげぇ、やりやがった』と」

 

 2022年にデビュー40周年を迎え、12月にはベストアルバムを発売する中森明菜。『NHK紅白歌合戦』への出場が噂に終わるのか、サプライズ出演があるのか、ファンの期待は膨らんだままだ。今回は、明菜の代表曲のひとつ『TATTOO』の制作秘話をお届けしよう。

 

「僕の曲が(中森)明菜ちゃんのシングルに決まったとき、音楽家の仲間たちから『安里、よかったな。おめでとう! ベンツ買ってくれ』って言われましたよ(笑)」

 

 

 音楽プロデューサーで作曲家の関根安里さんは、1988年、明菜に『TATTOO』を提供した。オリコン1位を獲得した大ヒット曲だが、本作が関根さんの作曲家としてのデビューだったというから驚きだ。

 

「『TATTOO』は、夜中に映画『ベニイ・グッドマン物語』を観ていて生まれた世界観でした。1930年代の男女のカッコよさをジャングルビートで表現してみようと思って。アルマーニやベルサーチが流行っていたころの、グランドキャバレーのイメージですね」(関根さん・以下同)

 

 明菜のために作ったカセットテープのデモは2曲。自信作をA面に入れ、『TATTOO』はB面に収録した。関根さんは、『TATTOO』がシングルとして採用されるとは思っていなかったという。

 

「ディレクターに言われたのは、よく『TATTOO』が通ったよな、明菜と明菜の家族が『この曲いいね』って言わなかったらダメなんだよって。いま思うと、明菜ちゃんのお母さんがドンピシャな世代だったから、よかったのかもしれません」

 

 当時、ディレクターが明菜のために多くの作家から曲を集めていたことは有名だが、その中には、スーパーギタリストのゲイリー・ムーアが書いた曲もあった。

 

「僕も聴かせてもらいましたけど、めちゃくちゃかっこいい曲でした。でも、ボツになったようです」

 

 一般的に、レコーディングでオケを作る際には仮歌を入れる。仮のボーカルが入ることで、楽曲のイメージが見えてくることと、仕上がったあと、アーティストに曲を覚えてもらうためのガイドとして使用されるのだ。その仮歌はメロディがわかればいいので、誰が歌っても構わない。だが、明菜には専属の仮歌シンガーがいた。アーティストとしても活動していた、新倉芳美さんだ。

 

「新倉ちゃんは明菜ちゃんそっくりに歌えるんです。ふつう、仮歌ってニュアンスなんてどうでもいいんですけど、明菜ちゃんの仮歌は、本チャン以上に作り込んでいくんです。そうすると、もう世の中に出しても平気だよねっていうレベルのものができ上がる。聴いていると、本人が歌っているんじゃないか、と思うくらい、声も歌い方もそっくりで。そのあと、明菜ちゃんのボーカルが入ると、それをはるかに超える歌になる。彼女の歌の表現力は、次元が違いました」

 

『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)が『TATOO』の初披露の場となった。関根さんはリアルタイムで番組を観ていたという。

 

「衣装を見て、すげぇ、やりやがったと思いました(笑)。超ミニを穿いて、脚を出していましたからね。みごとにグランドキャバレーの世界を再現してくれました。歌い終わったあと、ディレクター経由で『ちゃんと歌えなくてごめんなさいって』って言われましたけど。いやいや、この難しい歌を、振りをつけてよく歌えるな、と感心しました。それからは、テレビで歌うたびに上手くなっていって、表現も豊かになっていった。明菜ちゃんは優れたアーティストだったと思います」

 

 誰もが“天才歌姫”の復活を待っている。

( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入