エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

田原俊彦が女性アイドル「ベストナイン」選出「松田聖子とイチャイチャ」「中森明菜から電話」思い出語る

エンタメ・アイドルFLASH編集部
記事投稿日:2023.06.19 11:00 最終更新日:2023.06.19 11:00

田原俊彦が女性アイドル「ベストナイン」選出「松田聖子とイチャイチャ」「中森明菜から電話」思い出語る

 

 田原俊彦が、6月17日公開の自身のYouTubeチャンネルで、女性アイドルから「ベストナイン」を決定した。

 

 野球のナインになぞらえてアイドルを選び、最初にキャッチャーとしてあげたのは山口百恵

 

 田原のデビューは1980年6月で、山口は同年の10月に結婚・引退。そのため「歌番組で2回、3回すれ違って、『ザ・ベストテン』(TBS系)とかで同じ空間の中にいるのよ。しびれたね」と回想。

 

 

「雲の上の人だったので」と、圧倒的な存在感があったことを振り返った。

 

 ピッチャーには、一緒にレッスンした仲の松田聖子をあげ「イチャイチャしてました。CMで手をつないで怒られたり、いろいろあった」と当時、ファンからさまざまな意見が出たことを懐かしんだ。

 

 続いて「めっちゃいい子です。歌の実力というか、(歌を)聴かせるという意味では、このなかでナンバーワン」として、中森明菜を1塁手に指名。

 

「ガラケー時代に、寂しがるとたまに(電話が)かかってくる。出てから30秒、音がしない。明菜だなって(わかる)。その第一声が(小声で)『トシぃ?』って言うから、あ、生きてたんだな、って」と交流を回想した。

 

 だが、現在は電話番号が変わっており「いまは連絡の取りようがない」という。

 

 また、キャンディーズはセンター、ピンク・レディーはレフトに指名。石野真子はショートだとして「タフなポジションだから。真子さんはいまも歌って芝居して、がんばってますから」と話していた。

 

 田原のあげたベストナインにYouTubeのコメント欄にはさまざまな声が書き込まれた。

 

《私にとってトシちゃんと明菜ちゃんは子供の頃からずっと大好きな二人です。絶対にいつかまた共演してほしい》

 

《アイドルの皆さんのエピソード楽しい明菜ちゃん、ぜひ出演してください》

 

《トシちゃんがそんな明菜ちゃんと仲良かったとは知りませんでした》

 

「田原さんは今回の動画で、ほかにも『華がある。アイドルが守るべきポジション』として、サードに小泉今日子をあげていました。

 

 また『堅実派。めちゃくちゃがんばっていた』として、南野陽子はライトに。中山美穂さんは『かわいい。本当にいい子。何度となく迎えに行って、何度となく写真に撮られて』と思い出を明かし、セカンドに指名。

 

 また、ジャニーズ事務所にも野球チームがあり『ジャニー(喜多川)さんが最初に野球チーム作って、ジャニーズ事務所ができた。女性の野球チームもあった』とのエピソードも飛び出しました」(芸能ライター)

 

 野球が好きな田原ならではのベストナインとなった。

( SmartFLASH )

今、あなたにおすすめの記事

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る