エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

日向坂46卒業後「俳優業」に邁進中の渡邉美穂、忘れられないNGは「大物俳優に紅茶をかけてびしょ濡れに」

エンタメ・アイドルFLASH編集部
記事投稿日:2024.04.06 20:00 最終更新日:2024.04.06 20:00

日向坂46卒業後「俳優業」に邁進中の渡邉美穂、忘れられないNGは「大物俳優に紅茶をかけてびしょ濡れに」

渡邉 美穂

 

 2022年に日向坂46卒業して約1年半。渡邉美穂は、卒業した当時の心境をこう振り返った。

 

「卒業を決めたときは、アイドルだった自分に需要があっただけで、個人の私には何の価値もないかもしれないと思っていました。でも、この1年半、ドラマや舞台など絶え間なくお仕事をさせてもらって、自分がいる意味はあるのかなとちょっと信じられるようになりました」

 

 一人になったことのプレッシャーはなかった。

 

「ワクワクのほうが大きいんです。これまではグループとしてのお仕事でしたが、今は “渡邉美穂” 個人を必要としてくれているので、より責任感が芽生えています。全部自分に返ってくるので大変は大変なんですが…… “いつか全部うまくいく” と、追い込みすぎないようにしています」

 

 

 こんなふうに考えられるようになったのは最近になってからだという。

 

「10代のころは必死で生き急いでました。とにかく働かなきゃとあせっていて、休日も仕事につながる何かをしないといけないって休んでいませんでした。しんどかったらサプリや栄養ドリンクとか元気になる何かを飲めばいいって。でも、それじゃダメ。仕事が大変でも、休むことも大事。自分との上手なつき合い方がようやくわかってきました」

 

「休む」ことで心に余裕も生まれてきた。

 

「今、たくさんの方と一緒に作品を作っていて、あらためて余裕の大事さを感じます。余裕がなくなると、自分だけでなくほかの人も許せなくなって、いっぱいいっぱいになるから。だから、休日は家でたくさんゲームをして、好きな映画を観ています。最近だと、『クレヨンしんちゃん』! あとはご飯をちゃんと作って食べて、温かいお風呂に入って、寝て、思いきり休みます」

 

 卒業時に「お芝居を頑張りたい」と語っていた渡邉。ドラマ、舞台の仕事は「すべてが新しくて毎日が新鮮」だと言う。

 

「演じることは楽しいですが、いまだに正解はわからないです。歌や踊りは目の前にいる人に届ける気持ちでパフォーマンスしていたのですが、お芝居は人の目を気にしてはダメで。向こう側にいる誰かではなく、その場にいる人との空気感や距離感を考える必要があるので、同じ表現することでも伝え方が全然違うんですよ。難しいけど、おもしろいと感じています。現場で役について皆さんと話し合うと、それぞれ解釈が違ったりするんですよ。人によって見方が違う。正解がないんです。だから、今は勉強、勉強です」

 

 4月からは『あなたの恋人、強奪します。』(ABCテレビほか)に出演。恋人からDVを受けている女性を演じる。

 

「人を殴ったこともないし、殴られたこともない人生ですが、こんな体験をできるのは俳優ならではですね。自分の人生は一度きりですが、役だと全然違う人生を生きることができるんですから。ふだんの私だとしない選択をしていくキャラクターたちを演じることで、たくさんのことを学んでいます。

 

 そして、ふとしたときに、あのキャラクターがあんなことを言っていたなと思い出したりして……。演じた役のぶんだけ異なる人生を過ごせるから、あらためて俳優は、不思議な仕事だと思います」

 

 同世代の俳優と共演することが多いが、いずれは大先輩たちと一緒に芝居をして勉強したいと意気込む。

 

「ソロになってすぐに『孤独のグルメ』(テレビ東京)にゲスト出演したのですが、(主演の)松重豊さんを目の前にしたらものすごく緊張したんですよ。

 

 本番で手が震えて、松重さんのスーツに紅茶をこぼしてしまってNG(笑)。あんなことはなかなかない。でも、あの現場で見た松重さんのお芝居やたたずまいなど、勉強になることはたくさんあって。

 

 これからも大先輩たちと一緒になる機会があれば、尻込みせずに盗めるものは盗んでいきたいです」

 

 アイドルという肩書を外した彼女は、どこか自由になったようにも見える。

 

「アイドルを経験して準備することの大切さを知りましたし、今は役を演じることでさまざまな発見もある。欲張りだけど、いい人生歩ませていただいているなと感じます。

 

 20代半ばになり、少しずつ30代が見えてきているのですが、変わらずいろんな経験をしたいです。わからないことはわからないと声に出して、知識を増やしていければ。そして経験を重ねても根本は変わらず、ひとつのことに感動して感謝の気持ちを持てる人間でいたいです」

 

わたなべみほ
24歳 2000年2月24日生まれ 埼玉県出身 Wリーグアンバサダー、埼玉応援団、埼玉バスケットボールアンバサダーを務める。2017年〜2022年まで日向坂46で活躍。主な出演作にヒロインを演じた『星になりたかった君と』(2021年、日本テレビ)、『SHUT UP』(2023年、テレビ東京)、『イチケイのカラス スペシャル』(2023年、フジテレビ)、『グッドモーニング、眠れる獅子』(ひかりTV)、ミュージカル『SUNNY』(2023年)など。現在は『熱血バスケ』応援隊(NHK BS)、『BS12 Bリーグ中継』ナレーション、『シネマ・アディクト』(BSテレ東)にてレギュラー出演中。新ドラマ『あなたの恋人、強奪します。』(テレビ朝日は4月13日26:30~、ABCテレビは4月14日23:55~)に出演する

 

写真・佐藤佑一
スタイリスト・袴田知世枝
ヘアメイク・岩根あやの
衣装協力・Y’s/YOHJI YAMAMOTO/GARNI/GARNI tokyo

( 週刊FLASH 2024年4月16日号 )

今、あなたにおすすめの記事

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る