最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1588号
1/19・26合併号
1月5日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月25日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

仕事がなかった「小林稔侍」子供にも心配された赤貧時代

エンタメ・アイドル 投稿日:2018.02.02 11:00FLASH編集部

仕事がなかった「小林稔侍」子供にも心配された赤貧時代

 

 俳優小林稔侍が、1月28日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に出演した。

 

 東映ニューフェイスとしてデビューし、高倉健や里見浩太郎の後輩にあたる小林。しばらくはエキストラの仕事ばかりで、とても貧しかったという。

 

 当時は町田の団地に家族4人で暮らしていたというが、そのころ娘に言われた一言が、いまでも印象に残っているという。

 

「『このセリフ言いにくいな』って、ちらっと家で言ったんですよ。そしたら(子供の)妹の方がね、家の経済状況がわかるから心配して、『パパその通りに言えばお金もらえるんでしょう?』って」

 

 部屋には、家具と呼べるものはテレビとちゃぶ台のみ。子供たちにおもちゃを十分に買い与えることもできなかったという。

 

「スーパーに行ったら、ひよこが売ってたの。(娘が)『あれ欲しい』っていうわけだよ。ひよこ2羽買ってさ、せめてこれぐらいやってやらなきゃと。部屋の中でひよこを飼ったら、だんだん大きくなって。鶏は決まったところに糞をしてくれないから大変だよ」

 

 家族で撮影したカラーの七五三写真にも、思い入れがあるという。

 

「(貧乏でも)せめて七五三の写真だけは撮っておこうと思って写真館に行ったんです。すると、カタログ持ってくるんだよね『どれにしますか?』って。値段書いてあるわけですけど、すごい高いんだよ僕からすれば。

 

 やっぱり子供っていうのはわかるんだよね。(安い料金のページを見ていると)『パパこれでいいよ』って。それで逆にカラーの高い方にしたんだよ」

 

 番組では「職業欄に俳優と書けるようになったのは37歳から」「子供達には借りがある」と語っていた小林。俳優として成功したいまでも、家族にかけた苦労は忘れていない。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入