最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

立川志らく「『落語のファミレス化』を打開しないと」エンタメ・アイドル 投稿日:2018.07.23 20:00

立川志らく「『落語のファミレス化』を打開しないと」

 

 ワイドショーのレギュラーに抜擢され、バラエティに多数出演し、いまやテレビ画面で見ない日はない。天才・立川談志から芸の本質を継いだ立川志らくは、「落語の世界観」を武器に、世の注目を引き寄せる!
 

「最近、柳家花緑に言われたのですが、私が昔から落語会で話している雑談と、いまテレビで話していることは同じなんだそうです。『兄さんは変わっていなくて、たまたま世間に見つかっちゃったんだよ』って。妙に納得しました。

 

 

 談志は、メディアで売れている芸人が好きでした。でも、若いころの私はそれを拒否しました。当時はまだ落語家として不安定で、売れたら落語から離れてしまう気がしたのです。

 

 この年になっていろいろ(メディアに)出ると、そうはなりませんでした。それは経験を積んだからです。

 

 最近は、今まで来たことのない層のお客さんが落語会に来るようになっています。ただ、まだまだ『「ひるおび!」のうるさいヤツが落語をやっている』くらいに思われていて。私はそれを『落語のファミレス化』と呼んでいます。 

 

 安心して食べられるけど、老舗とは思われていないんです。それを打開していかないと。できないなら、その程度の落語家だということです。

 

 最近よく、『談志を超えられるか』と聞かれます。芸の部分だけなら、超えている噺はいくつかあります。でも、野球でイチローが長嶋茂雄に記録では勝っても、存在では敵わないでしょう?

 

 本来の私は『内弁慶』。家族の前ではずっとしゃべっていても、学校ではとても無口な子供でした。いまも私生活ではおとなしいですよ。音楽家に楽器があるように、内弁慶の私にとって、落語が意思表現の方法なんです」

 

たてかわしらく 
1963年8月16日生まれ 1985年に立川談志に入門し、1995年真打昇進。高座だけでなく、テレビ、演劇、映画など登壇するすべての場で、落語の世界観を表現し、「全身落語家」と自らを呼称している

 

(週刊FLASH 2018年6月26日号)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入