最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1556号
4月21日号
4月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

吉岡里帆キュートな素顔「プレゼントに頭のツボ刺激グッズを…」エンタメ・アイドル 投稿日:2018.08.16 11:00

吉岡里帆キュートな素顔「プレゼントに頭のツボ刺激グッズを…」

 

 現在、『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)で主演中の吉岡里帆(25)。本誌は故郷・京都で取材、その原点を明らかにしよう。

 

「小学校のころ、よく喧嘩する男子がいた。現在では『喧嘩でもいいから吉岡としゃべってみたい』と、彼は羨ましがられている」(実家の近隣住民)

 

 

 近所のアメカジショップ店主は、父親の誕生日プレゼントを相談されたことを覚えていた。

 

「小6のとき、父親の誕生日プレゼントを買いに来店した。『何がいいやろ? おっちゃん!』と人懐こく相談され、帽子を購入していった」

 

 高校では、数カ月だけソフトボール部のマネージャーを務めた。

 

「高校に入学すると、最初、軽音楽部に入り、友達とバンドを組んだが、すぐに解散。ソフトボール部のマネージャーになったが、途中で退部した」(同級生)

 

 その後、「高校3年生で、サロンモデルを始めてから、凝った髪型になった。お洒落っぽい、“前髪ちょんちょん” のスタイルだった」(同級生)という。

 

 吉岡は、小学校から書道を習っており、文字のうまさには定評があった。

 

「書道は八段の腕前。担任の先生の推薦もあり、高校の卒業アルバムの題字を書いた」(同級生)

 

 吉岡に転機が訪れたのは18歳のとき。偶然観た小劇場の演劇に感動し、学生演劇の世界に飛び込んだのだ。

 

「高校時代から事務所のレッスンやオーディションのため、土日になると京都から深夜バスに乗って、一人で行き来していた」(飲食店店員)

 

 吉岡の女優への思いは日増しに強くなっていく。20歳のときに主演したインディペンデント映画『星を継ぐ者』の監督で、共演もした末長敬司氏が語る。

 

「映画撮影チームのなかで誕生日会を催すことになったとき、吉岡はなぜか『頭のツボ刺激グッズ』を選んでいた。
 寝たふりをしながら話を盗み聞きするシーンで、カットをかけても起きなかったこともありました。演技ではなく、本当に眠っていたらしい」

 

 映画撮影中は、帰宅してからも電話で話すことがたびたびあった。

 

「夜中でもスケジュールの相談や、演技についてディスカッションしましたね」

 

 そのころは、劇作家・つかこうへいの作品や、映画『ニュー・シネマ・パラダイス』が好きと語っていて、渋い好みだったという。
 トップ女優・吉岡里帆はこうして生まれたのだ。

 

(週刊FLASH 2018年7月24・31日合併号)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入