最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1632号
2月8日号
1月25日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月25日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

石川さゆり、引退したイチローに学んだ「極めることはない」

エンタメ・アイドル 投稿日:2019.12.29 17:42FLASH編集部

石川さゆり、引退したイチローに学んだ「極めることはない」

 

 12月29日、「第70回NHK紅白歌合戦」のリハーサルがおこなわれ、石川さゆりが昭和・平成・令和3時代の紅白で歌う “意義” を語った。

 

 石川が歌うのは、一番の代表曲『津軽海峡冬景色』。

 

「『新しい時代の夜明け・出発』をテーマに、NHKのみなさんと新しい『津軽海峡』を作りあげました。

 

 

 この曲には、みなさんそれぞれの思いが詰まっている。私は、蒸気機関車が大好きです。ですから冒頭に、『おぉー、みんな、行くぞー!』という意味を込めて汽笛音を鳴らし、そこにオーケストラの音楽が乗り、『津軽海峡』の歌を重ねていきます。

 

 私も子供のころから紅白を見ながら育ち、10代、20代、30代、40代、そしていまも見続けています。歌い手としても、新しい年の迎え方の定番になっているんです」

 

 今年、石川のもうひとつの代表曲『天城越え』を登場テーマ曲にしていたイチローが引退。年を締めくくる紅白を目の前にし、考えることがある。

 

「引退されても、野球をどこまでやれるかということ、次の時代を作る子供たちのことを考えていらっしゃる。彼の姿勢を見て、『極めるというのはないんだな』と思いました。それは、次に何かないかと、探し続けること。

 

 ずっと紅白が続けられるか? わからないですよ、そんなの。いまある幸せが、当たり前だと思ってはいけないんです。ここ数年の日本を見ていても、本当にそう感じる」

 

 ちなみに石川の出番は、今回の目玉でもある、初出場 “歌手” ビートたけしの直後。

 

「歌手じゃないのにね(笑)。若いころは、彼と一緒にステージにあがっていた。私のステージに、出てくれていたんですよ。なつかしいですね」

 

 昔と今、そしてこれから。石川にとっても視聴者にとっても、いろいろなことに思いをめぐらせる大晦日になりそうだ。

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入