最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1657号
8月23日・30日号
8月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月26日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

タモリが通うそば店、阿部寛が通うとんかつ店…有名人御用達の地方名店【関東編】

ライフ・マネー 投稿日:2022.03.05 06:00FLASH編集部

タモリが通うそば店、阿部寛が通うとんかつ店…有名人御用達の地方名店【関東編】

阿部寛も食べたとんかつ

 

 長く苦しい新型コロナの第6波。収束したらどこへ旅行しよう……と思い巡らす読者も多いはずだ。そこで本誌は有名人が認めた各地の名店を調査。グルメ旅を今から計画しよう!

 

■【群馬県】大友花恋が通うご当地名店
陽気軒/群馬県高崎市吉井町塩川37−4

 

 地元出身の女優・大友花恋が子供のころから通い詰めた中華店。「ジャンボギョーザ」(500円)が人気。

 

「花恋ちゃんは幼いころから家族で来てました。チャーハン、オムライス、餃子をよく食べていました。お店に来るときもあれば、自宅に出前を頼んだりもしていましたよ。テレビ番組でも花恋ちゃんが紹介してくれてすごく嬉しいです」(店の担当者、以下同)

 

 

■【茨城県】阿部寛が通うご当地名店
とんとこ豚/茨城県つくば市天久保2−18−4

 

 阿部寛が絶賛したのは「とんとこ豚」。とんかつの激戦区とされているつくば市で、味・コスパなど多くの点で支持を集める店だ。味噌かつも味わえる。県内産銘柄豚「奥久慈ポーク」の生産終了にともない、現在は別の銘柄豚「三右衛門」を使用している。

 

「阿部寛さんは人気のヒレかつ定食を召し上がりました。『とても美味しい』と言ってくださって嬉しかったですね」

 

■【栃木県】渡辺謙が通うご当地名店
明治庵/栃木県足利市朝倉町456−2

 

 渡辺謙の贔屓の店は、そば店ながら鶏の「唐揚」(800円)が美味しいと評判の名店。

 

「渡辺謙さんがいらっしゃるときは『唐揚』と『天せいろ』(1600円)を注文されていました。乗馬の練習の帰りに立ち寄ってくださったそうです。体のことを考えて食事をされている印象です。食事を終えた後『美味しい』と言ってくださいます」

 

■【千葉県】伊藤沙莉が通うご当地名店
ほんがね/千葉県四街道市大日70−2

 

 地元で人気の、オーナーシェフが作る本格韓国料理の店。伊藤沙莉が母や姉など家族とよく訪れる。伊藤は「ミノ」が大好物で、白味噌と秘伝のタレに伊藤オリジナルの激辛の赤唐辛子を加えているというが……。

 

「たしかに家族でよくいらっしゃいます。ほかに注文されるのがハラミとタン、ホルモンです。沙莉さんは辛いものがお好きなようで、頼まれて激辛の調味料を加えています」

 

伊藤沙莉が愛する肉(写真・公式サイトより)

 

■【東京都】タモリが通うご当地名店
手打ちそば吉法師(きちほうし)/東京都目黒区碑文谷4−2−3

 

 そば通のタモリが支持する名店。住宅街にひっそりとたたずみ、店内も落ち着いた雰囲気だ。そばに限らず、一品料理にもこだわりが詰まっている。

 

「コロナ禍前までは、タモリさんのほかに、おぎやはぎの矢作兼さんもよくお見えになりましたよ。タモリさんはおそばも召し上がりますが、特にお気に入りなのは『骨せんべい』です。これをアテにビールを飲むのがお好きなようです」

 

タモリが愛するそば(写真・公式インスタグラムより)

 

■【東京都】玉木宏が通うご当地名店
洋喫華 えいらく/東京都世田谷区野沢2−5−22

 

 卵の衣を纏わせた鶏もも肉にたっぷりのデミグラスソースを絡めた「チキンファンタジーライス」が人気の洋食店。

 

「2003年から足しげく通ってくれているのは玉木宏さんです。おすすめメニューは『チキンファンタジー』と『ハンバーグ』があるんですが、彼はハンバーグ専門。ほかに斉藤和義さんや、椿鬼奴さんも食べに来てくれます」

 

■【埼玉県】菜々緒が通うご当地名店
高麗房/埼玉県さいたま市大宮区北袋町2−424

 

 女優でモデルの菜々緒が働いていた焼き肉店。さいたまスーパーアリーナからも近く、コンサート終わりのアーティストが訪れることも。

 

「菜々緒さんが高校生時代から3年ほどアルバイトをしていて、そのときによくまかないで食べていたのが、うどん風の麺を使用した『和牛カルビ麺』です。ほかにも、椎名林檎さんや、ONE OK ROCKさん、UVERworldさんにも来ていただいています」

 

菜々緒が愛する焼き肉(写真・公式サイトより)

 

■【神奈川県】桑田佳祐が通うご当地名店
季作久/神奈川県小田原市江之浦133−6

 

 小田原牛を使ったメニューなど、地元の味を楽しめるそば店。

 

「お忍びでサザンの桑田佳祐さんがいらっしゃいます。ほかには生瀬勝久さんなど……。プライベートでよく足を運んでくださるのは柳沢慎吾さんですかね。小田原出身ということもあり、お一人のときもあれば、お姉さんとご来店されるときもありますよ。注文されるのは、お刺身御膳やおそばなど、いつもそのときの気分で頼まれています」

 


( 週刊FLASH 2022年3月15日号 )

続きを見る

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入