最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1595号
3月16日号
3月2日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

2月22日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【ニャイス・トゥー・ミート・ユー!】京都の治療院のねこ

ライフ・マネー 投稿日:2018.03.24 06:00FLASH編集部

【ニャイス・トゥー・ミート・ユー!】京都の治療院のねこ

 

 桂離宮から約1キロ。鍼やお灸、マッサージなどで、自然治癒力を引き出す治療をおこなう「のぐち治療院」を訪れると、茶白の「まろ」がお出迎えしてくれる。

 

「まろは生後2週間のころ、母ねことはぐれたのか、兄弟ねこと2匹で迷っているところを、保護ねこ活動をしている友人に保護されました。

 

 そのとき、飼わないか勧められましたが、すでに『ぷーすけ』『にゃあ』という2匹のねこがいたので、うまくやっていけるか心配でした。それで、すぐには返事ができなかったんです」(院長の野口倫代さん、以下同)

 

 そうこうしているうち、まろが病気になってしまう。風邪をこじらせ、結膜炎で左目が開かなくなり、ご飯も食べなくなってしまったのだ。

 

「そこで、私がいつもお世話になっている獣医さんに連れていきました。治療を受けている姿を見ているうち、この子は私が守ってあげなければ、という思いが込み上げてきて。それが、引き取る決め手でしたね」

 

 気になる先住ねこの反応だが、ぷーすけは高齢だったためか、無関心。人見知りのにゃあも、最初こそ「シャー!」と威嚇していたものの、次第にまろの存在を受け入れた。今では、3匹そろって野口さんと一緒に寝ているほど。

 

 治療院には顔をほとんど出さない先住の2匹に対し、好奇心旺盛で「じっとしていないのが長所」というまろは、患者が来ると大喜び。施術がすんだ患者に、紐やおもちゃで遊んでもらっているうちに、人気者になっていった。

 

「鍼をねこパンチされたりしたら困りますから、施術中の立ち入りは禁止です。まろは隣の部屋にいて、終わるころになると、ニャーニャー鳴いて治療室に入れろと催促してくるんです(笑)」

 

 マッサージとねこ、ダブルの癒やしに、メロメロになる人続出中!

 

(週刊FLASH 2018年1月16・23日合併号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入