最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1555号
4月14日号
3月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

躍進する「業務スーパー」安さの秘密は「製販一体」にありライフ・マネー 投稿日:2018.08.06 11:00

躍進する「業務スーパー」安さの秘密は「製販一体」にあり

 

 最近よく街中で見かける、「業務スーパー」と書かれた緑色の看板。大量に入った食品や調味料が驚きの安さで売られ、レジにはつねに長蛇の列ができている。製造、調達から販売まで、舞台裏に迫った!

 

 群馬県高崎市の「朝びき若鶏」は、業務スーパーを展開する神戸物産グループの工場。近隣の直営・契約養鶏場で育てた「上州高原どり」がここの工場に集められ、加工されて各地の業務スーパーに出荷されていく。

 

「鶏肉は鮮度が命。朝に養鶏場から集められ、処理された鶏肉は、すぐに隣の加工場で袋詰めし、出荷します」(朝びき若鶏・花房猛社長)  

 

 ここに、業務スーパーならではの強みがあるという。

 

「国内のブロイラー養鶏場のほとんどは、九州と東北に集中しており、大都市圏に出荷されるまでタイムラグが生じます。しかしここ高崎なら、朝、処理した鶏肉が、早ければ当日の夕方にはお店に届けられます。ソーセージの肉もきわめて新鮮なんですよ」
 

 

 ここで製造された「徳用ウィンナー」は1kgも入って460円という安さだ。 

 

 岡山にもグループの同様の工場があり、近畿圏に新鮮な肉を届けられるようになっている。チルド商品の袋に「消費期限」だけではなく「処理日」まで印刷されているのは、鮮度に自信あり、の証拠だ。

 

 業務スーパー躍進の理由のひとつが、このような国内自社食品工場を21カ所、擁していること。卸売りを通さず、流通の無駄をなくし、品質と低価格を両立させる。「製販一体」で時代の風をとらえているのは、業種は違えど、ユニクロやニトリと同じシステムだ。

 

(週刊FLASH 2018年7月17日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入