最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1556号
4月21日号
4月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

眠れない夜にサヨナラ! 快眠グッズが招く「超安眠の世界」ライフ・マネー 投稿日:2018.10.19 16:00

眠れない夜にサヨナラ! 快眠グッズが招く「超安眠の世界」

写真提供・AFLO

 

 2017年の流行語大賞でトップテン入りもした「睡眠負債」という言葉。睡眠不足が、借金のように蓄積されていくことを指す。たくさん寝れば、その負債は返済できる、という。

 

 

 しかし、睡眠障害、不眠症を専門とする精神科医の樺沢紫苑(かばさわしおん)氏はそのような考えを否定する。 

 

「睡眠負債は、すぐに返せるものではありません。日ごろから『宵越しの疲れ』を残さないことが重要なのです」

 

 では、具体的にどうすればいいのだろうか?

 

「深部体温(体の内部の体温)が下がるよう、環境を整えていくのです。そうすれば、脳や内臓、筋肉などが休眠し、自然と眠気が訪れて、深い睡眠が取れます。

 

 眠る2時間以内に食事をしたり、お酒を飲むことがNGといわれるのは、内臓を働かせてしまい、深部体温が下がらなくなるからです」(樺沢医師・以下同)

 

 とはいえ、終電ギリギリで帰宅する日もあるだろう。

 

「寝る前の飲食のほかにも、スマホのブルーライトや激しい運動、熱いお風呂がダメなのは言うまでもありません。そのような睡眠によくない生活習慣の改善が大前提なのですが、なにより、できるだけリラックスすることが大切です」

 

 仕事から帰って、うまく睡眠モードに切り替えられるように、快眠グッズを使うことをおすすめします」

 

 そんな樺沢医師が愛用している快眠グッズが、「温・冷水眠マット」である。

 

「毎年初夏に数量限定で発売されるもので、私も今年ようやく購入できました。マットに好みの温度の水を流して、夏は涼しく、冬は暖かくすることが可能です。(※2018年ぶんは完売し、アマゾンなどで2019年ぶんの予約を受付中)

 

 背中やお尻など、体温がこもって蒸し暑くなる部分を冷やし、深部体温をしっかり下げてくれます」

 

 睡眠計測アプリで測ってみると、眠りの深さは一目瞭然だったという。

 

 今回は樺沢医師のほか、快眠グッズ専門店「ソーノボン」の店長で、快眠アドバイザーの山本恵一氏にも協力を依頼し、残暑を乗り越えるための対策グッズについて おすすめ快眠グッズを教えてもらった。

 

 

●「アーチピロー」/眠り製作所(1万692円)

 

「横向きにも仰向けにも対応した枕で、その寝心地のよさから、通年でもベスト5に入る人気シリーズです。仰向け時は抱かれてるような心地よさ、横向き時は左右どちらにも抱きつけるようになっています」(山本店長)

 

 触れるとひんやりする「ZERO COOL」素材を使用した夏バージョンもある。中には東レのft(フェザータッチ)綿が入っており、まったく蒸れることはない。

 

 

●「温・冷 水眠マット」/TOHO(3万2800円)

 

 タイマーつきで、水温は18℃から45℃に設定できる。

 

「マット全体に水が流れていて体に密着しているので、エアコンと違って、深部体温を下げられるんです」(樺沢医師)

 

 

●「調湿敷マット」/眠り製作所(1万44円)

 

「寝苦しく感じるのは、湿度が原因であることが多い。布団やベッドパッドの下に敷くだけで、吸湿、放湿して、季節を問わず一年中、快適な湿度に調節するマットです」(山本店長)

 

 

●「ヘッドクーラーココミン」 サーミックテクノ(4万2984円)

 

「冷却水が枕シートの中をゆっくりと循環し、一晩中、快適な温度に保ってくれる冷却枕です。15°Cから30°Cまで1°C単位で好きな温度に設定が可能。タイマーもついていて、エアコンの温度を高めに設定しても、快適に眠ることができます」(山本店長)

 

(週刊FLASH 2018年9月25日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入