最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1556号
4月21日号
4月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

生産台数1日1台「光岡自動車」スーパーカーで世界に羽ばたくライフ・マネー 投稿日:2018.11.29 16:00

生産台数1日1台「光岡自動車」スーパーカーで世界に羽ばたく

 

 レトロだけど斬新……光岡自動車のデザインはオンリーワンだ。我が道を行きながらも50年間走り続けられたのは、創業者である、現会長の挑戦スピリットが息づいているからに違いない。

 

「開発部隊は、解散してもらいます」

 

 

 1985年11月20日。臨時役員会の席で、光岡進社長(現会長)は、妻で副社長の幸子夫人に、こう告げられた。光岡自動車は、創業以来、最大の危機を迎えていた。

 

「開発を続けるなら社長を交代してもらうと。おっかちゃん(妻)は、月500万円、年間6000万円までの赤字は許してくれとった。ところがこの年、11月の時点で8500万円を超えとった。

 

 これだけ欠損すると、中古車販売業にも影響が出る。次こそは当たる、と信じて続けてきたが、諦めるしかなかった。

 

 工場に四十数名の社員を集めて、『閉鎖するので、希望者は配置転換させてもらう』と説明して解散。それからしばらくは本社の社長室で、新聞を読むだけの生活やった」(進会長)

 

 1985年、原付免許で運転可能な光岡製「ゼロハンカー」が深刻な販売不振に陥っていた。同年2月、道路交通法施行規則が改正され、ゼロハンカーの運転には普通自動車免許が必要になり、50ccユーザーが離れてしまったのだ。

 

 開発部を失い、失意のどん底にいた社長を救ったのは、副社長の言葉だった。

 

「『世界中どこでも行ってきたらいい。あんた、仏さんの顔になっとるから商売にならん』と。そんで、弟(章夫・現社長)を頼ってアメリカに行った。

 

 ほったら、ロスでクラシックなキットカーに乗っとる人を見つけて。『どこで買うた? 販売店は?』って。その日の夜にキットカーを買った。3カ月くらいで届いて、組み上げた。これは売れると思った」(進会長)

 

 こうして生まれたのが、1920年代のベンツSSKのレプリカ車「BUBUクラシックSSK」。1987年7月に発表し、4日間で200台の予約が入る大ヒットとなった。光岡自動車は息を吹き返し、その後、続々とオリジナルカーを発売していく。

 

12

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入