最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1520号
7月9日号
6月25日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

5月30日増刊号
4月30日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第22弾】5月31日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

今はフルデジタルで作画「吉田戦車」Gペンへの郷愁にふけるライフ・マネー 2019.01.09

 パソコン登場以前に、マンガを描くために必要だったもの。原稿用紙、鉛筆(シャープペンシル)、消しゴム、墨汁(インク)、筆、ペン先、ペン軸、カラスグチ(ミリペン)、ポスターカラー白(修正液)、スクリーントーン。

 

 他にもあれば便利な道具はいろいろあるが、だいたいこれぐらいあればマンガは描けた。

 

 私は今、フルデジタル作画に移行しつつあるのだが、その直前までは、紙に描いた絵をPC内にスキャンして、画像加工ソフトPhotoshopで枠線引き、ホワイト、ベタ、トーン処理をして仕上げていた。

 

 

 つまり「昔の基本道具」のなかの、修正液、スクリーントーンはすでに使わなくなっていた。フルデジタルになると、道具はほとんどいらなくなる。

 

 ペンタブレットで、PC上の仮想の「原稿用紙」に、直接下描き、ペン入れ、仕上げをしていく。金属のペン先にインクをつけて絵を描く、という特殊技能が必要なくなることには、さすがにかなりのさびしさを感じる。

 

 私はおもにGペンを愛用してきた。いろいろ使ってみて、メインのペンはやっぱりGペンにおちついた。理由は、絵に「マンガっぽく、プロっぽく」見える強弱がつくからだ。今は知らんが、昔の少年・青年マンガの描線に一番大切なのは強弱であり、勢いだった(……ような気がする)。

 

 この『ごめん買っちゃった』もそうだが、イラストはGペンは使わず、ミリペンとかトンボの筆ペン「筆之助しっかり仕立て」などで描く。

 

 キャラを立たせたり、ストーリーを盛り上げたりする必要があるマンガ雑誌の連載だと、Gペンのペンタッチが、今どきのいい方でいえば、「バエる」ような気がした。マンガ雑誌映え。

 

 ずいぶん前、PCがまだない頃にグロス(1グロス=144本)で買ったGペンが二箱、まだ残っている。タチカワとゼブラのもの。タチカワのほうは半分以上減っているが、ゼブラはあまり減っていない。

 

 タチカワ使用時代が長かったわけだが、今はゼブラを使っている。ゼブラは、昔のペン先より今のほうが描き味がよくなっているので、グロスで買ったやつは使わず、新しいのを10本ぐらいずつ買って使っているのだ。

 

 そんな、半生を共にしてきたともいえるペン先を、私はまったく使わなくなるのだろうか。メーカー各社には感謝してもしきれるものではなく、もう画材をあまり購入しなくなるかもしれないことに、うしろめたい気持ちはある。

 

 フルデジタルの便利さは、もうどうしようもない。ただ、便利だけど作業時間が劇的に短くなるわけではないし、機械なんかいつぶっ壊れるかわからないわけだ。

 

 たまには「Gペンの素振り」のようなことをして、アナログなマンガ描きというものを、手が忘れないようにしておく必要はあるかもしれない。


よしだせんしゃ
マンガ家1963年生まれ 岩手県出身「ビッグコミックオリジナル」で『出かけ親』、「ビッグコミックスピリッツ」にて『忍風! 肉とめし』を連載中。妻はマンガ家・伊藤理佐さん。近刊に本連載の単行本『ごめん買っちゃった』(光文社)。そして、『忍風! 肉とめし2』(小学館)が発売中!

 

(週刊FLASH 2019年1月1、8、15日合併号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年初夏号
5月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入