最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1567号
7月21日号
7月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月7日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

相続トラブルなぜ起きる「死の直前にバツイチ婚」娘が疑念を…ライフ・マネー 投稿日:2019.03.26 16:00

相続トラブルなぜ起きる「死の直前にバツイチ婚」娘が疑念を…

 

 少子高齢化や核家族化が進む現代では、遺産をめぐる争いの数は確実に増えている。なかには、亡くなる直前に婚姻関係を結んだことで、遺産争族が複雑化するケースも。一般家庭の事例を例に、相続問題について学ぶ。

 

 冒頭の図のケースについて、男性と女性は、それぞれバツイチで子供がいる。2人は10年ほど事実婚の関係で、男性が病気で亡くなる数日前に入籍した。その後、男性の子供たちが、婚姻の無効を訴えた。

 

 

 本人たちにとっては、最後に望みをかなえただけなのに、悲しい「争族」になってしまった事例だ。

 

「お2人は、いちど離婚をした同士のカップルで、入籍しようと何年も前から話していたそうです。でも、子供の気持ちを気遣い、籍を入れずにきた。男性が亡くなる数日前に入籍し、たった数日だけど、結婚できて幸せだったと話していたそうです。

 

 でも、男性の娘さんたちからすると、まったく寝耳に水な話で、そんな話はおかしい、と。『薬などの副作用で意識が朦朧としていたんじゃないか』『女性が強引に誘導したんじゃないか』と疑っています。

 

 資産があったことに加え、大好きなお父さんが取られてしまったという、感情的な恨みもあるのでしょう」(相続問題に詳しい木野綾子弁護士、以下同)

 

 死の直前に、世話になった人や愛する人に何かを遺したいと思うのは、故人の最後の意思である。だが、こういった争族事例は多いのだという。

 

「病気や治療のために、意識がはっきりしていなかったと主張され、相続で争うことは多い。認知症が増えている昨今では、本人は判断できなかったはずだと、主張する場合もあります。

 

 そうならないためにも、元気なうちに家族に遺言を残し、意思を伝えておくことが重要だと思います。最近は、子供がいないご夫婦も増えています。兄弟相続は、遺言でなんとでもできます。

 

 自分が亡くなったあとで、親族が相続で揉めないように、自分の財産を整理し、把握しておくことが大切です」

 

 死人に口なし、となる前の、生前対策が肝要だ。


(週刊FLASH 2019年2月26日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入