最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1584号
12月15日号
12月1日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月27日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

損するのは独身と共稼ぎ会社員「年金」やっぱり国家ぐるみ詐欺

ライフ・マネー 投稿日:2019.07.21 11:00FLASH編集部

損するのは独身と共稼ぎ会社員「年金」やっぱり国家ぐるみ詐欺

2009年に厚生年金を扱っていた社会保険庁が廃止、翌年に日本年金機構が発足

 

 そしていまや、新聞のコア読者層である団塊の世代は、全員が年金受給者になった。

 

「新聞が、『若者や将来世代が多額の損失を被らないように、高齢者世代は年金の一部をあきらめよう』などと書けるはずがありません。

 

 また、読者に団塊の世代が多い、『週刊現代』や『週刊ポスト』、『週刊新潮』や『週刊文春』などの男性週刊誌も同じです。ただでさえ減っていく読者を、さらに減らすような記事は、いっさい書けなくなっているのが実態です。

 

 本来、リベラルなメディアこそが、『こんな年金制度を放置してきた高齢者世代に責任がある』『貧困高齢者対策は高齢者世代内の再分配でやれ』と書くべきだと思うのです」

 

 いまや多くのメディアで “タブー” と化した年金問題。「人生100年時代」といわれる現在、団塊の世代が90代になる2040年には、就職氷河期世代も前期高齢者(65歳以上75歳未満)となり、日本の高齢化率は35%に達する。

 

 つまり、現役世代1.5人で、高齢者1人を支えることになる。

 

「社会保険料は、今後ますます上がっていくでしょう。給与明細を見ればわかるとおり、名目では賃金が増えても、手取りは減っています。社会保険料が増えれば会社負担分も重くなり、会社も利益を出せなくなっていきます。

 

 国民年金や国民健康保険は天引きできませんから、保険料が上がると払えなくなって、『これなら生活保護のほうがマシ』と考える人が出てきます。

 

 当然、ちゃんと保険料を払ってきた人は、『冗談じゃない』と怒り出して、世の中はますますギスギスしていくことになります。これが、令和の最初の20年で起きることでしょう。それでも、団塊の世代の年金だけは守られるでしょうが」

 

 額に汗して働いても、割を食う将来が待つサラリーマンたち。どうすればいいのか。

 

「どのように計算しても、年金は受給開始を『70歳まで繰り下げて受け取る』のが有利です。これで年金額が65歳受給に比べて、42%も増えます。

 

 平均余命から受給総額を計算すると、60歳に繰り上げて受け取ったら3300万円、70歳まで繰り下げれば4400万円で、1100万円も違います。

 

『年金は繰り上げてもらえ』と書く週刊誌もありますが、1000万円もの損失を正当化できる理屈などありません。『年金をすぐにもらえ』と書くほうが、読者受けがよかったのかもしれませんけどね」

 

 さらに、こう続ける。

 

「平均寿命が急速に伸びるなかで、先進国はどこも『生涯現役』社会に向かっています。そう考えれば、『人生100年時代』の人生設計は、『長く働いて年金を繰り下げて受給する』以外にありません。

 

 定年後もずっと働いて稼げるように、ネットワークやスキルを磨いておくことが大事なのではないでしょうか」

 

 自分の身は、自分で守るしかない。


(週刊FLASH 2019年7月23・30日号)

12

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入