最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1556号
4月21日号
4月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

名経営者は「焼け跡」で何をしたのか/トヨタライフ・マネー 投稿日:2019.08.17 06:00

名経営者は「焼け跡」で何をしたのか/トヨタ

トヨペットクラウン(1955年)

 

 敗戦のショックも覚めやらぬ1945年8月17日。トヨタは工場を再開し、トラックの生産を開始した。当時、社長だった豊田喜一郎(当時51)は、このとき同時に1000ccの小型乗用車の開発を指示している。

 

「誰もが自由に乗れる国産大衆車の開発」

 

 それが、喜一郎の生涯を懸けた夢だった。だが、戦時中は軍用トラックの生産しか許されず、戦後もGHQは乗用車の開発を認めなかった。細々とトラックを生産するしかなかった。

 

 

「喜一郎の長男で後に社長に就任する豊田章一郎は、戦後の数年間を親戚が経営する北海道・稚内の水産加工会社で過ごしています。かまぼこやちくわを作る機械の設計や製造をしていたんです」(経営評論家)

 

 苦境のなかで1947年、排気量995cc、27馬力、4人乗りの試作車が完成する。「トヨペット」と名付けられた。

 

 だが、喜一郎の夢が実現する前に大きな試練に晒される。1949年、経営が急速に悪化し、倒産の危機に直面したのだ。銀行団による協調融資の条件が「従業員の解雇」だった。

 

 そしてついに全従業員の約2割にあたる1600人の解雇を組合に通告する。大家族主義をうたうトヨタにとって初めてのリストラだった。喜一郎をはじめとする経営陣の辞任でようやく争議は終結した。

 

 倒産の危機を救ったのが、1950年に勃発した朝鮮戦争による特需だった。米軍からの大量の軍用トラックの受注で業績は急回復。1952年2月、喜一郎の社長復帰が内定する。ところが、その1カ月後、喜一郎は57歳の若さで脳溢血で死去する。

 

 本格的な国産乗用車「トヨペットクラウン」が完成するのは3年後の1955年1月。喜一郎は、この車を見ることなく世を去ったが、その後、日本は大衆乗用車の黄金時代を迎えることになる。

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入