最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1555号
4月14日号
3月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

2物件で月プラス6000円…「マンション投資」の収支決算ライフ・マネー 投稿日:2020.03.25 20:00

 2物件で月プラス6000円…「マンション投資」の収支決算

 

「長期的に安定した収入」「高利回り」「初期投資が少ない」「節税効果あり」……サラリーマン投資家、脱サラ投資家たちが、口々に語る「副業投資」のメリットは事実なのか。実態を明らかにすべく、「太陽光発電」の投資家を訪ねた。

 

 太田弘さん(仮名、44)は大手家電量販店勤務。不動産投資を始めたのは35歳のときだ。

 

 

「両親から『税金対策に』とすすめられ、浅草のワンルームマンションと日吉のファミリーマンションを、全額ローンで購入しました。

 

 5年後、営業マンにすすめられ、浅草を手放し、別の物件に買い替え。売却物件の抵当権抹消や、ローンの事務処理費用、新規物件の売買手数料、登記費用などがあり、浅草の物件の収支はトントンでした」

 

 現在保有するのは、浦和の駅近ながら築40年のワンルーム1室(購入価格1350万円)と、日吉の最寄駅から徒歩30分のファミリータイプ1室(同2937万円)である。

 

「全額借り入れです。35年ローンを組んで金利は2.7%。家賃収入は浦和が月7万円、日吉が12万円です。ローンの返済額はそれぞれ4万円と、8万9000円です」  

 

 管理費・修繕積立金と固定資産税の支出を加味して計算すると、浦和の物件の収益は月額1万3000円のプラス、日吉は7000円のマイナス。トータルは、月約6000円の黒字だ。

 

「どちらも前オーナーから賃借人を引き継いでおり、現在は空室による自腹や持ち出しはありません。ですが、不安はつねにあります。

 

 とくに浦和の物件は築古なので、今後はリフォーム費用もかかります。そういったイレギュラーな持ち出しがあると、一気に収支が悪化するんですよね」

 

 太田さんの年収は約480万円。月給は手取りで約26万円だ。

 

「マンションを持っていることで、税金関係の控除もありますし、自宅は親の持ち家なのでノーローン。車も持っていませんから、月に10万円で生活できます。残りはほとんど貯金していますから、いざとなればそこから補塡できると思っています。

 

 それに、ローンが終われば、この2つの物件もいずれは自分のものになりますから」

 

 そのとき、浦和の物件は築70年を超えているが……。

 


(週刊FLASH 2020年2月18日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入