最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1595号
3月16日号
3月2日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

2月22日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

トランプ大統領の最後っ屁におびえるアメリカ、首都は厳戒態勢

社会・政治 投稿日:2021.01.19 18:45FLASH編集部

トランプ大統領の最後っ屁におびえるアメリカ、首都は厳戒態勢

引っ越しが進むホワイトハウス(写真:ロイター/アフロ)

 

 アメリカ東部時間の1月20日正午(日本時間21日午前2時)、新旧大統領が入れ替わる。

 

 トランプ大統領は活動をやめておらず、バイデン氏も就任直後に次々と大統領令を発令する予定だ。米国民にとっては目まぐるしい数日となりそうだ。

 

 

 トランプ大統領夫妻は史上最低の支持率のままホワイトハウスを去る。11月の選挙では46.8%、7400万を超える票を獲得したが、最近の調査では支持率29%、調査対象のおよそ3分の2は大統領としての能力を評価しないと答えている(ピュー・リサーチ・センター、1月8~12日、5360名が対象)。

 

 公に姿を現すことがめっきり減った大統領は、主要な業務はペンス副大統領に委任して、自身は大量の恩赦リストの絞り込みに専念していたと伝えられる。なお、自分自身の恩赦については可能性が低く、やらないのではないかとの報道が多い。

 

 新大統領の就任式には参加せず、自身の見送りを盛大におこないたいという希望から、ワシントンD.C.に近いアンドルーズ空軍基地で退任式を執りおこなう。就任式に参加しない大統領は、アンドリュー・ジャクソン大統領以来150年ぶりだそうだ。

 

 これまで歴代大統領たちは、後任の新大統領あてに手書きのメッセージを書いてきた。だが、トランプ大統領が伝統どおりにバイデン氏に手紙をしたためるかどうかは疑問視されている。

 

 CNNの調査によるとメラニア夫人の支持率も下がっており、評価しないと答えた人が47%だった(1月9~14日、1003名が対象)。メラニア夫人は、これまでホワイトハウスのリノベーションやデコレーションをするたびに苦情が出てきた。

 

 最も批判が大きかったのはローズガーデンの改装である。1913年に造られたこの庭は、ジャクリーン・ケネディがデザイナーとともに色とりどりの薔薇や花が咲き誇る風景にし、国民にも愛されてきた。

 

 歴代大統領はここで会見したり、瞑想したり、パーティーを開催してきた。昨年10月に最高裁判事の任命パーティーでコロナの集団感染が起きたイベントもこのローズガーデンだった。

 

 メラニア夫人は昨年8月、この庭からバラを抜き取ってシンプルに、悪く言えば殺風景なデザインにしたため、大きな反発が起きた。すぐに一部が補修され、11月にはイサム・ノグチの作品が設置された。

 

 しかし1月18日、メラニア夫人が4年間を振り返るお別れビデオメッセージでこの庭に触れると、SNSでは怒りが再燃し、#RoseGardenがトレンド入りとなった。後任であるバイデン氏の妻に再改修の期待が寄せられている。

 

 バイデン次期大統領は、前述のピュー・リサーチによると64%の高支持率である。新政権のホワイトハウスのスタッフは、新型コロナの影響で一部がテレワークでの業務開始となる。同時に、ホワイトハウスでは徹底的なクリーニングが実施される。

 

 伝統的に清掃はホワイトハウスの従業員がやってきたが、今回は外注となる。カーペットやカーテンの掃除、5000平方メートルに及ぶクリーニングに2000万円以上を費やす。請け負うのは障害者に雇用の場を提供している会社だそうだ。

 

 これまで政権が変わる際、ホワイトハウスではさまざまないたずらが仕掛けられてきた。

 

 クリントンからブッシュ政権に変わるときは、机の引き出しに接着剤が塗られていたり、何人かのスタッフがドアノブを外していたり、ホールにピザの空き箱が散乱していたという。この回復に140万円ほどのコストがかかった。

 

 ブッシュからオバマ政権に移行する際はデジタルデータがすべて消されたそうだ。2億通のeメールや400万もの写真、電話番号、ミーティングスケジュールなど80テラバイトの情報が政権移行日の12時1分に消滅した。トランプ政権もなんらかの置き土産をするだろうと噂されている。

 

 就任式典まであと1日半。ワシントンDCの会場は無数の旗で埋め尽くされ、バーチャル式典の準備が進んでいる。トランプ大統領は、最後に何か大きなことを起こす可能性が高く、首都周辺はかつてないほどの厳重な警備体制が敷かれ、無数の道路が通行止めとなっている。(取材・文/白戸京子)

 

ホワイトハウス周辺の通行止めの様子

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入