最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1529号
9月24日号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

5月30日増刊号
4月30日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第25弾】8月30日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

安倍首相「真珠湾慰霊」で中国メディアが「南京にも来い」の大合唱社会・政治 2016.12.09

『ハワイのアリゾナ記念館』

『ハワイのアリゾナ記念館』

 

 安倍首相が12月26~27日にハワイを訪れ、アメリカ・オバマ大統領ともに、太平洋戦争開戦の地となった真珠湾で犠牲者を慰霊することになった。

 

 12月5日の電撃的な発表の際、「二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。その未来に向けた決意を示したいと思います」とコメントした安倍首相。

 

 現職首相としては初めてとなるこの「歴史的訪問」には、予兆があった。安倍首相に先立って、2016年8月に安倍昭恵首相夫人が単独で真珠湾を訪れ、慰霊を行っていたのだ。このとき、昭恵さんは「お花と祈りを捧げました」とフェイスブックに書き込んでいるが、あくまで私的なものだとしていた。

 

 今回の真珠湾訪問は、今年5月、広島に訪れたオバマ大統領への返礼ともみられているが、アメリカ政府やアメリカのメディア、退役軍人などは概ね好意的な評価をしている。

 

 韓国メディアは「トランプ次期大統領が関係見直しを示唆する発言を念頭に置いている」と、パフォーマンスだと批判したものの、比較的、冷静な反応だった。

 

 激烈なのは中国で、多くのメディアで「真珠湾を訪れる前に南京を訪問せよ」とかまびすしい。中国では南京が陥落した12月13日を「国家哀悼日」に定めており、毎年大々的なイベントが行われるからだ。

 

 さて、パフォーマンスの相手とされたトランプ次期大統領は、どのように反応するだろうか?

 

 オバマ大統領が広島を訪れたときは、自身のTwitterで「オバマ大統領は日本滞在中に真珠湾攻撃について議論しているのか? アメリカの数千人の命が失われたのに」と強く批判していた。

 

 現在のところ、トランプ氏はこの件に関してコメントしていない。もし12月15日に行われる次の記者会見で「安倍首相の真珠湾訪問は評価できる」などと発言するようなら、安倍外交としては大成功となる。

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月19日発売
表紙:山下美月

詳細・購入