最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1670号
12月20日号
12月6日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月6日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

国葬当日、九段下に鳴り響いた自衛隊の「弔砲」に現場騒然「銃撃じゃないよね…」不安抱く人たち

社会・政治 投稿日:2022.09.27 19:07FLASH編集部

国葬当日、九段下に鳴り響いた自衛隊の「弔砲」に現場騒然「銃撃じゃないよね…」不安抱く人たち

弔砲は国際的な慣例に倣い19発が撃たれた(写真・JMPA)

 

 9月27日、日本武道館(東京都千代田区)で、安倍晋三元首相の国葬が執りおこなわれた。

 

 会場の最寄り駅である東京メトロ九段下駅前の交差点では、国葬に反対するデモ隊が行進。それに対抗する形で現れた、国葬に賛成する団体との接触を警官隊が注意するなど、張り詰めた空気が漂っていた。

 

 

 国葬の是非について、メガホンを使用しての街宣や怒号のようなものが飛び交う中、開式の午後2時が近づいていく。すると、動画の生配信をおこないながら歩き回るYouTuberや、やじ馬で来たかのような見物人も混じり、現場はカオス状態に。さらに、一般献花の列は約2km先のJR四ツ谷駅まで伸び、人ごみをさらに加速させる状態となっていた。

 

 そして、国葬が開始した午後2時。突如「パァーン!」という、大きな破裂音が数回にわたって響き、集まっていた人々は思わずビクッと静止。そして、心配そうに上空を見回した。

 

爆発?」

 

「銃声じゃないよね……」

 

 口々に心配そうな声を漏らす人たち。その音の正体は、安倍元首相に弔意を伝えるための自衛隊による空砲、つまり「弔砲」だったのだ。

 

「冷静になれば弔砲だ、とわかるのですが、すぐ近くにいたうえに、音の大きさがとてつもなくて、驚いてしまいました。音だけでなく、空気の振動も激しく、ビリビリと感じました。

 

 それにしても、人の集まった場所でこういう音を耳にすると、テレビで何度も見た、安倍元首相の銃撃の映像をどうしても思い出してしまいます。怖がっている子供の参列者も多かったです。トラウマにならなければいいのですが……」(居合わせた参列者)

 

「弔砲」を聞くこと自体、ほとんどの人が初体験だったはずだ。安倍元首相の事件以降、破裂音から市民が受ける気持ちは、大きく変わってしまったようだ。

( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入